三重・志摩のサーフでクロダイ狙いの渚釣り 3時間弱で本命6匹の好釣果

三重・志摩のサーフでクロダイ狙いの渚釣り 3時間弱で本命6匹の好釣果

10月3日、三重県志摩市の海岸でクロダイ狙いの渚釣りを楽しんだ。残念ながら豪雨に見舞われ実釣は3時間だけだったが、本命6匹をキャッチできたのでその模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木規之)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

志摩の海岸で渚釣り

10月3日、渚釣りでクロダイを狙うため、三重県志摩市の海岸に釣行した。当日の天気は晴れ寄りの曇り、少し波が高い予報で沖磯は厳しいかもしれないが、今回の釣り場であれば全く影響はないはず。

風は強めだが爆風というほどでもないし、背中からの風ということで問題はないはず。要は絶好の釣り日和のはずだ(この予報は外れることになる)。

三重・志摩のサーフでクロダイ狙いの渚釣り 3時間弱で本命6匹の好釣果釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木規之)

タックルとエサ

実釣開始は午前8時すぎ。仕掛けだが、サオはがま磯チヌ競技スペシャルⅢ1号5.3m、ミチイトはフロート系2号、ウキはAURAのベーシックチヌ00号、ハリスは1.5号2ヒロ、ハリはがまかつナノチヌフカセ2号、オモリはG8を状況に合わせて1~3個、ウキ止めは付けない。

ここは30m以上遠投しても1ヒロあるかないかの遠浅の海岸のため、16g以上の大型のウキを使う必要がある。また大遠投するようなケースでは、どのみちウキを目視することはできないし、ラインが多く出ている分、風や潮流の影響を受けやすいので、00号のウキでジワジワと沈めてなじみをよくすることが多い。この場合、アタリはラインで取る。

さしエサはボイルオキアミ。まきエサはオキアミ3kg、チヌパワー日本海1袋とヌカ。遠投するケースではまきエサの作り方も重要になる。水分は最低限にして、手でじっくり練り込むことで遠投しても空中分解しないまきエサを作ることができる。

三重・志摩のサーフでクロダイ狙いの渚釣り 3時間弱で本命6匹の好釣果釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木規之)

開始1時間で本命3匹

釣り始めると、2投目に気持ち良くラインが走るアタリがあった。重量感とゴツゴツ首を振る引きで、すぐに本命を確信。障害物もない砂浜なので無理をせずにゆっくり寄せてくる。波打ち際まで寄せても背ビレを出しながら走り回る。渚釣りの醍醐(だいご)味だ。

最後、波に合わせて浜辺にずり上げたのは44cmのクロダイだった。次の一投でもラインが走るアタリがあったが不発。その後は30分後に1匹追加、さらに30分後に1匹追加し、開始1時間で3匹となった。

三重・志摩のサーフでクロダイ狙いの渚釣り 3時間弱で本命6匹の好釣果1匹目のクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木規之)

豪雨で中断も止み間に追加

午前9時を過ぎたころ、雲行きが怪しくなってきたのでスマホで雨雲レーダーを確認すると、なんと10分後には真っ赤な雨雲に覆われてしまう。間もなく予報通り恐怖すら感じるほどの豪雨となり、車に避難した。

結局、その後は終日雨で、大半の時間帯が真っ赤な雨雲の豪雨だった。それでも昼すぎに1時間半ほど小降りになる時間があったので、レインウエアを着て再開。昼食を取りながら短時間で3匹追加したところで再び豪雨となり退避。

次のページで最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。