ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】

ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】

4月3日、TEAM雑魚の原田さんと北九州市戸畑港・Trip(トリップ)に乗り込み、ジギング&タイラバに挑戦した。船中青物連発の時間帯もあり、楽しめた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タイラバで釣りスタート

午前6時30分に出船し、約1時間30分で角島沖周辺に到着。すぐにドテラ流しで実釣を開始。潮は小潮、水深は約80m。

私はこの時、デカマダイを釣りたくてタイラバで攻めてみた。95gのヘッドをチョイスしてワクワク気分で落としていく。水温は13℃とまだまだ低いが、シケ後なのでデカいのが食ってくる気配にワクワクしながら落としていく。

ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】タイラバタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

1投目からアオナがヒット

1投目からステイしてすぐにロッドを押さえ込むアタリで40cmのアオナが釣れ、原田さんにも同型のアオナが釣れた。しかし、後が続かず仕掛けをいろいろ取り替えてマダイ40cmをゲットしたころ、船上ではぽつぽつとアラカブや小型のマダイなどが釣れていて、原田さんには良型のホウボウがヒットした。

それから80mラインに移動した後、当日最大のドラマが始まった。

ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】嬉しい釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

ジギングに切り替えてヒラマサ狙い

原田さんに4kgのヒラマサがヒットしたので、私もジギングに切り替えた。

ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】ジギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

ワクワクしながらフォールさせると、ステイして30回ほど巻いた時、ゴツンとアタったのでロッドでタメて、乗ったところでフィッシュ!さらに2~3回あおって体勢を整えると元気よくロッドを押さえ込む。これはかなりデカイ!

何度も何度も抵抗するが、突然ロッドがフッと軽くなり回収してみたらフックが折れていた。

青物が船中連発!

すぐにフックを取り換え気を取り直してフォールさせると、今度はフォール中にラインが止まりロッドをタメてコンタクトをとるとグーンと乗ってきたので、体勢を整えたら壮絶なバトルが始まった。

相手に主導権を与えずゴリ巻きして、意外と簡単に4kgのヒラマサを釣り上げ、さらに隣の人には11kgのブリがヒットして船上は盛り上がった。後半戦は青物がヒットし、船上はまさにお祭り騒ぎ。船長も前に後ろに大忙しで大いに盛り上がり、今回のタイラバ&ジギングは思い出深いものとなった。

ジギングでヒラマサ&ブリ連発 フック折る大物もヒット【Trip】アコウもヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年5月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。