遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙い

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙い

今回は、浜名湖周辺の遠州灘で楽しむサーフルアーゲームを紹介。朝マヅメと干潮時それぞれのターゲットと狙い方を解説していこう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

浜名湖でサーフゲーム

静岡県西部に位置する浜名湖は、中部地方からのアクセスも良く年間を通じて釣りを楽しめる。今でこそ時間があればサーフゲームを楽しんでいるが、以前は季節に応じて浜名湖内でシーバス、メバル、クロダイ、タコ釣りを楽しんでいたことを思い出す。今でも変わらない楽しみは、釣行時に国道1号線潮見周辺の浜名バイパスからの眺望であり、壮大な遠州灘の景色は圧巻である。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙い人気ナンバーワンはヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

浜名湖周辺でサーフルアーゲームを楽しんでみようと考えている人にお勧めしたいポイントは、やはり今切口の両岸である。日本最大の汽水湖である浜名湖では、たくさんの海水魚が確認されているが、その全ての魚が必ず通過するのが遠州灘と通じている今切口。当然その周辺はベイトフィッシュが多く、それを捕食するルアーターゲットも多い。何よりも駐車場やトイレが整備され、アクセスがいいため家族や友人を誘っての釣行にはもってこいだ。

タックル紹介

釣行前の準備も楽しい時間だが、分からないことは釣具店の店員さんに聞くことで疑問は解決できると思うので、釣具店で釣り道具を見ながら質問してみてほしい。ここでは私のタックルと最低でも準備するタックルを紹介してみたい。

釣りを楽しむうえでのマナーとも言えるライフジャケットは、安全に釣りを楽しむことはもちろんだが、ルアーやランディンググッズなどを持参するためにも必要となるため必ず準備する。私は遊びでケガをすることは絶対に避けたいので、必ずウェイダーを履いているが、春は海水温も低くクラゲが少ないため短パンでも楽しめる。

サーフゲームでは、何本もロッドを持っていくことはできないため、40g程度のルアーをキャストできるパワーのある9~10ftの長さを、身長に応じて準備する。リールは、4000番クラスでメインラインはPEライン1号に、20lbクラスのフロロカーボンラインを1m結束する。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙いタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

春のメインターゲットはヒラメにマゴチ、シーバスに小型回遊魚となるが、釣果は海況やベイトフィッシュの接岸次第となるので、ルアーは小型のメタルジグ、ワームに大型のミノーなどを準備しておきたい。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙いミノー・メタルジグ・ワームなど(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

朝マヅメは青物を狙おう

さて、準備ができたらいよいよ釣行だが、休日の釣行で一番問題なのは天候。少々の風や波なら魚の警戒心が緩むため好都合だが、低気圧の影響で波が高いときは潔く諦めて、浜名湖内の釣りに切り替える。

釣りができるなら夜明け前にはポイントに立ち、最もチャンスとなる朝マヅメに備えよう。朝マヅメに期待したいのがブリの幼魚のイナダを中心とした回遊魚。春はサイズこそ小型だが、数釣りが楽しめる。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙い青物は小型だが数釣りを楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

夜明けと同時に海岸線を回遊してくるため、海面でベイトフィッシュを追っている状況や周囲のアングラーがキャッチしているようならチャンスだ。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙いスピード感あふれるファイトが魅力(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

サーフショアジギングというと、キャストしたメタルジグをボトムまで落としてから誘うというイメージを持っているかもしれないが、遠浅サーフの遠州灘では表層を意識している回遊魚が多いと感じている。

釣り方は簡単で30gの小型メタルジグをフルキャストして、ファストリトリーブでアタリを待つのが基本。ただ巻きで反応がなければ、ロッド操作を加えてのアクションやリトリーブを止め、フォールさせるアクションが有効となる。

干潮時はフラットフィッシュを

朝マヅメ以外にも干潮前後のタイミングに期待できるのがヒラメにマゴチ。満潮時の海岸線は見た目の変化が少なく、ポイントを絞り込むことが難しいが、春は昼間の干満差が大きく干潮時は、地形がはっきり確認できるためポイントを絞り込みやすい。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙い干潮時は地形変化を感じやすい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

ヒラメやマゴチ狙いで使うルアーは、メタルジグ、ワーム、ミノーだが、ターゲットが捕食しているベイトフィッシュやレンジにルアーを合わせることが重要だ。ルアーをキャストしたらボトムまで沈めて、ボトムから1m程度のレンジをリトリーブすることを意識することで、ヒットする確率が上がる。

遠州灘サーフゲームの楽しみ方 朝マヅメは青物で干潮時はフラット狙いマゴチは初夏に旬を迎える(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高木孝)

サーフゲームというと準備が大変で、魚が釣れないというイメージがあるかもしれないが、春と秋は穏やかな天候ということもあり、軽装で楽しめ比較的釣果に恵まれやすい。ベテランが全く釣れない状況で、ビギナーが大きな魚をキャッチすることが多いのもこの釣りだと感じるため、気軽にトライしてほしい。

サーフゲームの魅力は、釣って楽しいことはもちろんだが、食べておいしい魚が釣れることだと感じている。浜名湖周辺でおいしい料理を満喫するのも楽しみの1つだが、帰宅後は釣った魚でおいしいお酒を飲むぜいたくな時間を過ごしていただきい。

<週刊つりニュース中部版 APC・高木孝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浜名湖
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。