サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介

こんにちは、プロフェッサー永井です。過去3回に渡りお届けしてきた同シリーズですが、今回が最終回になります。ラストは、カラー理論からできた実際のルアーを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

フィルムとルアーをセットで

横浜つりフェスティバルの後、みなさんから多くの要望をもらい、限定色はそのままに、ムカイフィッシングの別ルアーでフィルムとのセット販売が決定しました。

カラーが「無」にならない

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介ご飯カラー3色の違い(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

カラーは全部で7種類。写真の中にある左の3色は、あさごはん、ひるごはん、よるごはんというネーミング。右側の写真はこれを魚目線で見たものです。ボディと、リップ、テールのカラーリングが絶妙で、どんな状況下でもルアーのカラーが「無」にならないように工夫しました。

全体的に明るい色を使うことで、人間からの視認性も高い。これは、結構重要なポイントです。

保護色の話

話は突然逸れますが、自然界には保護色というものがあります。動物や虫、魚にもありますが、捕食されないよう自分の姿を隠す色です。

フィルムを手に、動物園にも通いました。動物たちはとても不思議なカラーパターンで、興味が尽きません。一番のお気に入りがトラです。

トラの耳には、後ろからみると白い丸があるのをご存じですか? 諸説ありますが、子どもが親の後ろを歩く時の目印と言われています。

黒に白い丸

フィルムで見てみると、木々のなかでも、黒に白い丸がとても目立っていました。これを参考にしたのが下の写真の4色。彩光、黒御影、苔、仏。この4つは、腹の色に秘密があります。

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介逆魚パターン4色(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

逆魚パターンとは

「逆魚パターン」と呼んでいますが、これもカラー理論のひとつ。魚は背が黒くて腹が白いですよね。鳥から狙われにくいなど、理由はいくつかあると思いますが、これを逆にして、あえて魚に見つけてもらうという発想です。

クランクベイトへの応用

次に下の写真は、クランクの水中姿勢です。腹にラインを入れたものとないもの。魚がルアーを見上げたとき、クリアボディにラインが目立ちます。逆に下を泳いだときは白く光る。

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介水中姿勢のクランクベイト(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

この水中姿勢を魚目線で撮影したものが、最後の写真になります。どうですか? すごく美味しそうですよね。

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介魚目線でのカラー(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

ぜひ、手に取って遊んでみてくださいね。

第一回「サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証」を読む

第二回「サカナの色覚の謎にせまる:人間に見えている色彩とはどう異なる?」を読む

第三回「サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?」を読む

永井浩明さんプロフィール

サカナの色覚の謎に迫る:カラー理論から生まれたルアーの特徴を紹介永井浩明さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

ベリーパークインフイッシュオン王禅寺インストラクター、ムカイフィッシングタックル開発、永井浩明研究所所長、小満屋代表取締役、釣人塾塾長。代表作 ZANMUシリーズ・フルスペックシリーズ・電動リトリーブマシンスイムチェッカー・スピードメーターグルーン・小満屋ドラグ・KOMAYA EYE。

<週刊つりニュース関東版 APC・永井浩明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。