陸っぱりシーバスゲームで回遊あたり良型連発【袖ヶ浦港】

陸っぱりシーバスゲームで回遊あたり良型連発【袖ヶ浦港】

4月上旬、ルアーでシーバスを狙って、千葉袖ヶ浦の港湾部に釣行した。例年このシーズンから大型~小型まで高活性になる。引きが強く、激しい抵抗をみせるターゲットだけに楽しめる。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

袖ヶ浦港でシーバスゲーム

袖ヶ浦港の状況確認のため、各ポイントの様子を見て回る。まずストラクチャーが絡むオープンなエリアへ。ベイトがいれば高確率で本命は入ってくるポイントだが、満潮からの下げのタイミングからスタートするも反応はなく、ベイトも確認できない。早々に見切りをつけて次のポイントへ移動することに。

用水路近くのポイントにエントリーして様子をうかがう。ハクの群れがピチャピチャして雰囲気はいい。開始してまもなくセイゴらしいアタリはあったが掛からない。その後も本命からの反応はなくベイトの群れが薄くなってくる。

この時期はどこに本命が寄っているか確認するためにもラン&ガンスタイルがいい。1つのポイントで粘らず広く探り歩く。

ワームに変更して好反応

航路筋のカケアガリへ。潮通しがいいオープンなポイントだ。回遊する魚に期待が持てる。7cmのバイブレーションを航路筋までキャスト。ボトム付近まで沈めたら、ただ巻きで反応を探る。広範囲に投げて反応を探っていると明確なバイトはあったがヒットには持ち込めない。同じ場所を攻めると再アタックはあるが掛からない。

ルアーをこの時期に強いワームに変えてチャレンジ。ボトム付近からのただ巻きにググンとヒット!

ゴンゴンと激しい抵抗を見せるが、スムーズに寄せてキャッチ50cmほどのマルッとした本命だ。追加を狙い、キャストを再開するとすぐにバイト。着水直後のヒットで、びっくりしたがサイズは小さいので、あっさりキャッチ。

陸っぱりシーバスゲームで回遊あたり良型連発【袖ヶ浦港】ワームに好反応だった(提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

沖のブレイクラインから70cm級

少しジグヘッドを重くして、より沖のブレイクライン周辺を狙う。少しカウントをいれてから、巻きだすとすぐにゴンッ!と重量感のあるバイト。

うまくフッキングは決まり、ゆるめに設定していたドラグが鳴ってイトが勢いよく出される。良型を確信して、ゆっくり慎重にやりとり。水面に顔を見せたのは70cmほどの良型。

陸っぱりシーバスゲームで回遊あたり良型連発【袖ヶ浦港】70cm級を手にした筆者(提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

「まだ釣れそうだ」とキャストして少しゆっくりリトリーブするとグググッとヒット。完全にパターンがはまり、追加したのは60cmだ。コンディションがよく、口からは消化途中のバチが出ている。

回遊当たり連続キャッチ

シーバスの回遊に当たったようで40~60cmを数尾追加。途中、バイブレーションやミノーなどを使ってみるがヒットには至らない。

ワームへの反応が抜群によく、短時間ながら一瞬の時合いを攻めて、良型を含む数尾をキャッチすることに成功した。潮が引ききったタイミングで反応がパタリとなくなってしまったため、終了。

今後も期待ができるルアーシーバスゲーム。目の前で激しいエラ洗いが見えたり、強い引きが楽しめたり、楽しくお手軽にスニーカースタイル(安全対策は万全に)でチャレンジしてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース関東版 関根勇太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
袖ヶ浦港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。