身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿

今回は私が信頼して使用しているコスパ抜群の渓流竿を紹介したい。価格も非常にリーズナブルなのに、大小様々な魚種にも対応出来る万能さが嬉しい。そんな良竿での釣果も合わせて参考にして頂きたい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

その他 お役立ち

淡水エサ釣りの概要

淡水のエサ釣りといっても、フナ釣りにコイ釣りにキングサーモン狙いと、ターゲットや釣り方は様々。その中でも、日本国内の身近な河川で楽しむことができるターゲットを狙う竿について紹介しよう。

釣り方は『ノベ竿』を使い、主にミャク釣り・ウキ釣りの仕掛けにエサを付けて、魚信を待つ釣り方だ。シンプルな道具構成なので初心者向きで、子供でも手軽に楽しめる。その一方で、様々なフィールドに対応できる釣り方でもあり、奥深い釣りとも言える。

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿本流域で釣った尺ヤマメ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

主なフィールドとターゲット

筆者の釣行エリアにはなるが、淡水エサ釣りの想定フィールドを紹介しておこう。

渓流釣り

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿尺上渓流魚とのやりとりも余裕がある(提供:WEBライター・竹内尚哉)

1、多摩川水系(奥多摩川本支流・小菅川本支流・丹波川本支流)
2、入間川水系(名栗川本支流)
3、荒川水系(荒川本支流)
4、桂川水系(都留漁協管轄区域)

淡水小物釣り

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿淡水小物釣りにも使える(提供:WEBライター・竹内尚哉)

1、入間川(入間川本流・水路・霞川)
2、伊佐沼(九十川)
3、慈恩寺沼
4、大宮第2公園

管理釣場

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿ニジマスの数釣りも楽しめる(提供:WEBライター・竹内尚哉)

1、奥多摩フィッシングセンター
2、有間渓谷観光釣場
3、伊藤園
4、野山北公園

メインターゲット

■渓流→ヤマメ(アマゴ)、イワナ、ニジマス
■川・沼→コイ・フナ・オイカワ・カワムツ・クチボソ・ウグイ
■管理釣場→キンギョ・ヘラブナ・他淡水魚

4,000円以下のオススメ渓流竿3選

前述したエリアやターゲットごとに専用竿を揃えるとなると、相応の金額になってしまう。初めはいくつかの釣りに流用できる汎用性が高い竿を購入し、まずは1尾を釣る楽しさを体感することが大事だと筆者は考える。その上で、4,000円以下のオススメ竿を紹介しよう。

1、プロマリン慶光5.4m硬調 カーボン製 自重190g
2、プロマリン源流4.5m硬調 カーボン製 自重157g
3、プロマリンやすらぎ3.6m硬調 グラス製 自重152g

オススメする理由

1と2は4,000円以下、3については1,500円以下とコスパは最高だ。 推しているだけに、3本とも釣果において、実積があり使いやすい。使い方としては、『やすらぎ360』はグラス製で少し重さもあり硬く、パワーがあるので大型魚とのやりとりに向いており、主に管理釣場でのコイ・フナや大型ニジマス釣りに使う。『慶光と源流』は主に渓流釣りや川での陸っぱりの釣りなどに使う。

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿やすらぎは子供でもコイを寄せられる強さを持つ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

もし誤って破損したとしても、価格がリーズナブルなだけに心身ダメージも少ないうえ、メイン竿・予備竿としても問題ない。他に良い面をあげると『源流450』の様にリリアンが、一般的な固定式ではなく、回転式を採用していたりしており、細かい配慮も嬉しい。

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿回転TOP仕様なのが嬉しい(提供:WEBライター・竹内尚哉)

さらに私的な体感だが、3本とも数十回に渡るハードな釣行の中で、1度も固着した経験がないのだ。これこそが、私が同シリーズをオススメする最も有力な理由である。渓流釣りといえば、固着がつきものだが、私の様にハードに使う大雑派な釣り人には良いこと三昧である。

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿もちろんキャップも装備(提供:WEBライター・竹内尚哉)

筆者の釣果実積  

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿河川水路で釣ったオイカワ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

大きなトラブルなく釣行ができるということは、もちろん釣果にも好影響をもたらす。『ウキ釣り』では、野釣りでのオイカワやカワムツやクチボソから、尺クラスのマブナや60cm超えのコイまで釣れた。『ミャク釣り』では、渓流域での尺上クラスの渓流魚、ニジマスの数釣りなど大いに貢献してくれた。

身近な河川で気軽に入門 4,000円以下で購入できる『淡水エサ釣り』竿ウキ釣りで仕留めた良型マブナ(提供:WEBライター・竹内尚哉)

先に紹介した通り、私からすると御買い得感満載で、これからもメイン竿としても予備竿としても、ずっと使いたい竿だ。少なくとも私の使用環境では、間違いなく良竿と認定したい。長さも色々あるので、各々の釣場に合わせて使い分けるのも良いと思う。参考にしていただき、手軽に楽しめる渓流エサ釣りの世界をまずは体感してもらいたい。

<竹内尚哉/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。