サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証

神奈川県の管理釣り場「ベリーパークインフィッシュオン!王禅寺」でインストラクターを務める傍ら、ムカイフィッシングという釣具メーカーでタックルの開発を行っている筆者が、サカナの「色覚」について解説します。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

魚の色覚の謎に迫る

「ベリーパークインフィッシュオン!王禅寺」の対象魚は主にトラウト。そう、ニジマスです。管理釣り場での釣りは、「エリアフィッシング」なんて呼ばれていて、使用するルアーは、スプーンやクランクなど。カラーは、驚くほど豊富。

今回の連載は4回に渡り、”色の謎”に迫ります。仕事柄、毎日池を回りながら、どんなルアーが釣れているのか見ています。ここでは黒いスプーン、そこでは赤、あちらでは黄色。「なぜ、同じ池で同じような時間帯でも釣れるカラーが違うのだろう?」「魚にとって、色っていったい何だろう?」この疑問を追求しようと思ったのは日々の業務から。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証魚はどのように見えているのだろう(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

以前、「犬が見えている世界はモノクロ」という話を聞きました。子どものころに飼っていたので、その話を聞いたときは「そうなのか」と、驚いたことを覚えています。また、「モンシロチョウは、人には見えない配色が見える」といいます。人間にはわからない雄雌の違いを、彼らは紫外線で見分けているらしい。花も虫に蜜を運んでもらうため、色の工夫をしています。

特殊フイルムを入手

あれこれ調べていると、虫たちの目線(視界)で撮った写真を発見しました。特殊なフィルムで撮ったその写真には、人間の目ではわからない違いが写っていました。さっそく、このアイテムを手に入れるため昆虫館へ。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証手に入れた特殊フィルム(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

フィルム越しだと、花は中央のあたりだけ色が違って、まるで蜜の場所を教えているかのよう。チョウの模様も、それぞれ意味があるように感じます。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証人から見た花と(左)虫たちの視界(右)(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

では、魚の視界はどうでしょう?「大きな脳を持っているわけではないので、もしかしたら同じかも!きっと、紫外線が関係あるに違いない」。人が見えるすべての色は分からなくても、カラーローテーションした途端に釣れることがあるのだから、そこには何か意味があるはず。

フィルム越しでルアーが全く違う色に

「よし、これを使ってルアーを見てみよう」。釣れる色の謎が分かるかもしれない。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証カラフルなスプーンをフィルム越しに見る(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

用意した写真(1)は、人間目線でみた色。どこにでもありそうなルアーを集めてみました。そしてもう1枚は、フィルム越しに撮った写真(2)。どうでしょう?人の目では分からなかった配色が見えてきませんか?人には明るく見える黄色や赤、オレンジが暗くなっています。反対に、暗いイメージだった青は驚くほど明るく見える。

先に紹介した花の写真も、黄色の花より紫の花びらが鮮明に。もし、魚も色を同じように認識しているとしたら、「これまで投げていたカラーの意味ってなんだろう?」と、少し切ない気持ちになりました。同時に、なんだか急に共通項を発見したような気がしてワクワク。「よし、このフィルムを持って池を回ってみよう」

人間とは異なる色覚

いつものように、釣り人に声をかけながら「どんな色が釣れてますか?」とルアーを見せてもらいます。怪しいアイテム越しに、ルアーをのぞいている姿に当然、「また何かおかしな事やっているな」と思いながら?も、温かく見守ってくれました。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証カラフルなクランクも配色が変わる(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

この日も釣れているカラーはいろいろ。黒、黄色、赤、オレンジ。でも、フィルムで見ると、ほとんど同じ暗めの色。人から見たらばらばらの色も、魚から見れば同系色だったのかも知れません。

私は、今までさまざまな実験を行ってきました。バイトマーカーの検証では、さまざまな色の丸いシールをルアーに貼って、釣果を調べたことがあります。これが予想に反し、思わぬ結果に。一番釣れると思っていたアワビシールが、まさかの惨敗。釣りはいつも同じコンディションではないので、その日がたまたまよくなかったのかもしれません。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証バイトマーカーも見た目が変化(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

しかしその実験の最後、暗めのクランクにグローシールを貼ったところ、それまでさんざん投げたルアーに見向きもしなかった魚たちが、なんと2投で2尾釣れました。当時はまだフィルムの存在を知らなかったため、ほかの理由を考えていましたが、今となってはその意味が理解できます。

サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証魚を知って釣果につなげよう(提供:週刊つりニュース関東版 永井浩明)

<週刊つりニュース関東版 永井浩明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
BerryPark in FISH ON! 王禅寺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。