産卵後の荒食い狙ったシーバスゲームで爆釣【三重・JFEテトラ帯】

産卵後の荒食い狙ったシーバスゲームで爆釣【三重・JFEテトラ帯】

シーバスフィッシングには最高の季節がやってきた。三重県津市の沿岸部にはエサとなるゴカイや小魚が姿を現し、産卵後の体力回復のため大型のシーバスが荒食いする。そんな捕食に荒れ狂うシーバスとの出会いを求め、パトロールに出動した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

JFEテトラ帯でシーバスゲーム

3月13日の夕方から、私のホームグランドでもある三重県津市のJFEテトラ帯へと車を走らせた。すると、結果は予想通りであった。

ポイントに到着。温暖化の影響か、この時期でもびっしりと海藻が生い茂り、足元には無数の小魚が泳いでいる。エサを追い求めて湾内に入ってきたスナメリの姿も見え、海の中はすっかり春模様だ。

産卵後の荒食い狙ったシーバスゲームで爆釣【三重・JFEテトラ帯】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

辺りがうっすらと暗くなり始めた午後6時半からシーバスゲームを開始。周囲には釣り人も多く、シーバスが好調であることがうかがえる状況だ。また釣り座からは横方向に強い流れが効いており、状況は悪くない。

ジグヘッド&ワームがアタリ!

まずはルアーを潮上に着水させ、海面直下を意識して流れに乗せて引いてくる。ルアーのイメージは、この時期の定番である細身のフローティングミノー。ゴカイなどを意識したバチ抜け定番ルアーだ。

すると開始から15分。1人の釣り人がシーバスを掛けたのが見えた。しかし私にはアタリすらなく、何かが状況にマッチしていない。その後もその釣り人だけがヒットを続ける。

これこそが、ルアーフィッシングの難しさだろう。シーバスは確実にエサとルアーを見極めている状況だ。ルアーチェンジを繰り返し、やっと私も答えを見つけた。ジグヘッドに3inchのワームをセット。ルアーを引いてくるレンジは、海面から50cm~1m付近。そして、ここからは怒とうの連続ヒットが始まった。

50cm級までを30匹以上キャッチ!

1投1ヒット。ジィ~ッ、バシャバシャッ、ジィ~ッ、バシャバシャッとドラグ音は鳴り続け、ヒットが止まらない大興奮の状況がなんと2時間以上続き、釣り上げたシーバスは30匹以上。サイズこそ50cmまでと小~中型が中心ではあったが、流れも作用しシーバスとの元気なファイトを堪能できた。

同行者も同様のパターンで大爆釣を楽しみ、2人で50cm近い個体だけをキープ。ストリンガーはすぐに満員御礼となった。これぞルアーフィッシングの醍醐味。

産卵後の荒食い狙ったシーバスゲームで爆釣【三重・JFEテトラ帯】長岩さんのストリンガーも満員御礼(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

ベイトは5cm小魚

釣り上げたシーバスの口には、5cm程度の小魚が確認できた。今回の釣果は、ルアーチェンジによって、ベイトとルアーをマッチさせた納得の釣行となった。

今後は例年通りであれば、4月前後はさらに釣果が期待できる。ルアーセレクトなども楽しみ、シーバスとの駆け引きを楽しんでみてはいかがだろう。

産卵後の荒食い狙ったシーバスゲームで爆釣【三重・JFEテトラ帯】当日キープしたシーバスたち(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
JEFテトラ帯
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。