サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?

サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?

こんにちは、プロフェッサー永井です。先週のバイトマーカーの写真を見て驚いた人は多いと思いますが、魚があのように色を見ているとしたら、今まで使ってきたルアーカラーに一石を投じる事態です。実際、私も衝撃を受けました。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・永井浩明)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

「レッドヘッド」の秘密

このフィルムを手に入れたあと、自分のタックルボックスをひっくり返して、いろいろなカラーを見ていると、昔から残っている定番カラーが頭をよぎりました。ルアーの種類や色は、次々と新しいものが発売されます。それでも、釣れる、売れる色というものがあります。

その代表的なものが「レッドヘッド」。私がルアーを知った数十年前には、おそらくすでに定番だったと思います。エリアではあまり使われていませんが、釣り人なら知らない人はいないというくらい、有名なカラーですよね。そのカラーリングが絶妙なのです。赤に白、一つのルアーで、明と暗を持っているカラーリングというわけです。

さらに、前回の記事で触れた釣り場の立ち位置や天気、レンジの違い。これら、たくさんの要素が繋がって、分かったことがありました。「そうだ、背景の色も重要なんだ」と。

背景色との対比で際立つ

写真(1)は人間の目線です。白と黒のスプーン+バイトマーカーですが、バックの色に注目してみてください。

サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?バックが白の場合(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

写真(1)のバックは白、写真(2)はこれを魚目線で見たものです。

サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?バックが黒の場合(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

写真(3)はバックが黒、(4)はこれを魚目線で見た写真。気づきましたか。背景の色によって、目立つカラー違います。バックが白だと白いスプーンは目立ちませんが、バイトマーカーが際立つものがあります。黒だと、魚目線では、黒いスプーンにオレンジのバイトマーカーは何も見えない状態になります。

これは人間の視界にも言えることですが、例えば小学校。白いノートに黒い鉛筆で文字を書きます。一方、先生は黒板に白いチョークです。バックの色に対し、何色が見えやすいかということです。

背景色とアピール力の関係

魚たちは、水中で目立つルアーめがけてバイトしてきます。レンジが変わればそのぶん、背景(水色)は暗くなるかもしれませんし、王禅寺では林側、駐車場側では日の方向が変わり、魚の方向も変わります。

魚から見て、目立つカラーとはどんなものなのでしょう。今一度、写真をよく見てみましょう。バックが白でも黒でも、絶対にどこかが目立つ組み合わせがありますよね。そういったカラーは、どんな状況でも、魚にアピールできる力を持っています。レッドヘッドも同じく、バックが白でも黒でもどちらかが魚にアピールできます。これが、定番の秘密です。

次回はいよいよ最終回、目立つカラーとはどんな色か、私が魚目線フィルムを使って考えた限定カラーリングについてお話しします。お楽しみに。

第一回「サカナの色覚の謎にせまる:特殊フィルムでルアーを検証」を読む

第二回「サカナの色覚の謎にせまる:人間に見えている色彩とはどう異なる?」を読む

永井浩明さんプロフィール

サカナの色覚の謎に迫る:アピールの秘訣は背景色との対比だった?永井浩明さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・永井浩明)

ベリーパークインフイッシュオン王禅寺インストラクター、ムカイフィッシングタックル開発、永井浩明研究所所長、小満屋代表取締役、釣人塾塾長。代表作 ZANMUシリーズ・フルスペックシリーズ・電動リトリーブマシンスイムチェッカー・スピードメーターグルーン・小満屋ドラグ・KOMAYA EYE。

<週刊つりニュース関東版 APC・永井浩明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。