ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】

4月8日、奈良・平群町の竜田川釣り池へ最近放流された40cm級の大型を狙って行ってきた。大型狙いの太仕掛けでは釣れなかったが、細仕掛けにかえて狙い通り40cm級を釣り上げたので、その模様をリポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

コイのような重量感でヘラブナ40cm

小型ヘラで心を慰めるつもりだったが、第1投でウキが馴染んだ途端ズボッと消えるウキ。またまたジャミが邪魔をしてるのかと思いながらサオを跳ね上げると、ズシッとした重さのある動きがサオを伝ってきた。

まるでコイが掛かったような…。そういえば南桟橋でも50cmクラスのコイが釣れていたので、もしや?と思っていたが、腕が疲れた数分後やっと姿を見せたのは巨ベラと叫びたくなる魚影だった。

桟橋の下に潜り込もうと何回も試みる獲物、細いハリスを気遣いながらタモを使って必死にミチイトを押す私、結局私の勝ちでタモに収まったのは40cmジャストのヘラブナだった。

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】尺上のヘラブナ(提供:WEBライター・森宮清釣)

この後も30cm台を4匹、9寸までの小型を5匹釣ってサオを仕舞ったが、この日の勝因は細いハリスだったのかもしれない。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
竜田川釣り池

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。