ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】

4月8日、奈良・平群町の竜田川釣り池へ最近放流された40cm級の大型を狙って行ってきた。大型狙いの太仕掛けでは釣れなかったが、細仕掛けにかえて狙い通り40cm級を釣り上げたので、その模様をリポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

竜田川釣り池

奈良・平群町にある竜田川釣り池は、周囲を住宅街に囲まれていて、東側には烏土塚古墳、北側には公園の緑一杯の風景が見られ、安らぎを感じられる。また、烏土塚古墳からは鶯の情緒一杯の鳴声が聞こえ、春の釣りを楽しくしてくれているように思う。

4月8日、風弱く快晴だったのでこの釣り場を訪ねてみた。釣り場入りは午前9時ごろだったが、釣り人は誰も居なかった。

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】釣り場風景(提供:WEBライター・森宮清釣)

当日のタックル&エサ

中桟橋の中央辺りに釣り座を決めて支度したが、今回は放流されたという40cmクラスを狙うべく、仕掛けを太くしてみた。サオ15尺、ミチイト1.5号、ハリス0.6号、長さを40cmと34cmにして、ハリはプロスト5号金、上バリトントンで釣ることにした。

エサは一景のベースグルテン30cc+底餌クロレラ60ccにしたが、これはバラケ性のある底餌クロレラを待ちのエサで使うためだ。バラケはジャミを呼ぶから使用したくないのだが、藁の中の針を拾うに等しい釣りになるだろうから、バラケは一景の彩雲4カップ+バラケダンゴ2カップ+荒麩バラケ1カップ(いずれも50ccカップ)で作ってみた。これはゆっくりバラケ出すだろうとの考えからである。

1匹目はレギュラーサイズの9寸

打ち始めてから15分もするとジャミの反応で水面が賑やかになってきた。底でバラけるように作ってはいるが、エサの着水時にこぼれ落ちるエサは小魚たちの「おやつ」のような物なのだろうか?時々表層にもヘラブナの姿が見えだした。

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】1匹目のレギュラーサイズ(提供:WEBライター・森宮清釣)

そして、数分後にいいアタリ。いつものように元気に走るヘラブナ、タモに入ったのは綺麗なレギュラーサイズ(9寸)だった。

昼までにこのクラス3匹釣れたが、大物が釣れない。今回数はいらないから大物1匹が希望なのだ。サオを12尺に変更するとアタリは多いのだが、ハリに乗らないので四苦八苦させられる。

細ハリスで数狙いにシフト

やっと1匹釣れたがこれもレギュラーサイズ、大物は諦めて小型の数釣りにしようと午後1時ごろから10尺の軟らかいサオに変更して、仕掛けもミチイト0.6号、ハリス0.35号、ハリもプロスト3号金に変更した。

エサも午後からなので、バラケグルテン30cc+ソフトグルテン30cc、バラケは午前と同じ物を使用した。

ヘラブナ40cm顔出し 細ハリスが攻略の鍵?【奈良・竜田川釣り池】常連の段底名人(提供:WEBライター・森宮清釣)

次のページで40cmヘラブナ浮上!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。