メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】

3月22日(日)、宮城亘理荒浜港の大海丸から、メバル~カレイのリレー釣りを楽しんだ。釣行当日はナギ予報なので期待ができ、朝イチは食いが立つメバルから、後半はカレイを狙った。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

カレイ狙いに転戦

20分ほど船を走らせ、砂地の釣り場に到着。カレイ専用タックルを準備し、小型片天ビン仕掛けに変更して開始。エサは青イソメ。

底をオモリで小突くと、さっそくアタリ。仙台湾はマガレイの魚影が濃いが、この時期はマコガレイがよく交じる。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】カレイを手に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

「マガレイより神経質なので、エサはつねに新鮮な物を使ってください。小突きは優しく丁寧にやるのがコツです」と船長。

マコガレイがメイン

この日は釣果の半数以上がマコ。私は40cm頭に10尾。1時間半の限られた時間で申しぶんない釣果。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】40㎝級マコガレイ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

1日で2倍楽しめるリレー釣り。どちらの魚種も群れが集まる今が好期だ。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】カレイでクーラーは埋まった(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

<週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:大海丸
メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。