メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】

3月22日(日)、宮城亘理荒浜港の大海丸から、メバル~カレイのリレー釣りを楽しんだ。釣行当日はナギ予報なので期待ができ、朝イチは食いが立つメバルから、後半はカレイを狙った。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大海丸でメバル&カレイのリレー

5時に出船。「メバルナギ」という言葉にふさわしい穏やかな海を1時間ほど走り、水深35mの釣り場に到着。

「天然の根なので、根掛かりは少ないです。底付近のタナを狙ってください」と山川船長のアナウンスで胴突きサビキ仕掛けを投入。付けエサの併用も手だが、まずはサビキで探る。

オモリが着底したら、1mほど底を切って船の上下動でオモリが底をたたかないタナをキープ。手持ちで船の揺れをかわすのが、アタリへの近道。

サビキ仕掛けで良型登場

ミヨシの釣り人の竿がブルブルと軽快に動くと私の竿に連鎖。「1尾掛かったら、置き竿でゆっくり巻き上げて追い食いを狙う」のが鉄則だが、活性次第で巻き上げのタイミングを決めたい。少し待って竿の振幅はおさまり、巻き上げると良型3尾。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】ズラズラ上げた(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

丹野さんは「いっぱい掛かるのは嬉しいですが、大型が釣れるとなおさらです。これは、一発でサイズが分かる鋭いアタリでした」と尺級の手応えに笑顔。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】メバルを手に満面の笑み(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

阿部さんは「何尾掛かるか、追い食いを待っている時間がたまりません。大型は刺し身にしますがフライや唐揚げも美味しいですね」と多点掛け連発。 

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】メバル絶好調(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

佐藤さんは「今期3度目の釣行です。魚影が濃いので車で3時間かけて通っています」と楽しんでいた。

5点掛けも達成!

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】十分な釣果(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

同行した息子の竿が大きく曲がり5点掛け成功。「サビキで簡単にたくさん釣れる」と大満足。

メバル&カレイのリレー船で両本命ともに大釣り達成【宮城・大海丸】メバルを多点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・菅野順也)

この日は良型が目立ち、私は32cm頭に52尾で前半終了。

次のページでカレイ狙いに転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。