【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向き

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向き

三重県と愛知県から沖釣り最新釣果情報をお届け。74cm頭にスズキ族の活性上昇中。ほか1.46kgアカムツなど多彩な釣果がお目見えだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:玉や丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

三重県:なぎさ丸

三重県・南伊勢町相賀浦のなぎさ丸では、アジの泳がせで大型根魚を狙って出船中。26日は4人の仕立で、ウッカリカサゴ38~48cm5匹とホウキハタ56cm、マハタ46cm、マトウダイなどが上がった。イワシが手に入れば、さらに面白くなりそうだ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向き大型根魚ゲット(提供:なぎさ丸)
▼この釣り船について
なぎさ渡船
出船場所:相賀浦

愛知県:忠栄丸

愛知県・南知多町片名の忠栄丸では3月30日、春のウタセ五目が開幕。生きウタセエビをエサに小ダイやマダイを中心にマハタ、メバル、カワハギ、カサゴなど季節の魚が順調に釣れていた。どの魚も型がよくこれからより面白くなっていきそうだ。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向きマハタにマダイキャッチ(提供:忠栄丸)
▼この釣り船について
忠栄丸
出船場所:片名漁協

愛知県:まつしん丸

愛知県・南知多町片名漁港から出船しているまつしん丸では3月30日、午後の釣り体験教室に参加したビギナーさんらがカサゴ釣りを堪能。丁寧なレクチャ―で見事カサゴのお土産を確保した。また、21日のアカムツ&オニカサゴリレー便では、良型のアカムツも上がった。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向き良型アカムツWゲット(提供:まつしん丸)
▼この釣り船について
まつしん丸
出船場所:片名漁港

愛知県:おざき丸

愛知県・南知多片名のおざき丸では連日、カワハギ・フグ釣りが絶好調。3月31日には、カワハギ釣りで大箱いっぱいになる人が続出。つぶらな目をしたウマヅラハギやショウサイフグも姿を見せた。29日のフグ釣りもまずまずの釣果。晩御飯分の分はしっかり確保できた。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向きカワハギ好釣果(提供:おざき丸)
▼この釣り船について
おざき丸
出船場所:片名漁協

愛知県:大進丸

愛知県・南知多町豊浜港出船の大進丸では3月30日、アカムツ釣りコースでは1.46kgを頭にアカムツが続々上がり、いい人はキンメダイやユメカサゴ交じりで2ケタの釣果。本命を8匹ゲットの人も。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向きアカムツ絶好調(提供:大進丸)
▼この釣り船について
大進丸

愛知県:岬釣具店

木曽三川では日中のほうがマダカ&セイゴの活性が高くなってきた。3月28日、稲沢市の葛西さんが油島でマダカ40cm、セイゴ35cm3匹、33cmをキャッチ。25日には、愛西市の池田さんが揖斐川の国道1号線付近でマダカ40cm、セイゴ37cmを釣り上げた。岬釣具店でポイントや釣果ゲットのコツを聞いて釣行を。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向きマダカ・セイゴ高活性(提供:岬釣具店)
▼この店舗について
岬釣具店

愛知県:玉や丸

愛知県弥富市の境港から出船している玉や丸では3月15日、名古屋市の倉地さんらのスズキ・マダカ釣りの仕立て船でスズキ74cm、カレイ36、28cm、アカエイ特大2匹を釣り上げた。水温上昇とともに乗っ込みクロダイや良型のスズキやカレイの活性も上がってきた。

【愛知・三重】沖釣り最新釣果 水温上昇とともにスズキの活性上向きスズキゲット(提供:玉や丸)
▼この釣り船について
玉や丸
TEL:0567-68-1330
出船場所:境港

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。