陸っぱりエギングで春アオリイカ手中 1.6kg頭に良型メイン【西伊豆】

陸っぱりエギングで春アオリイカ手中 1.6kg頭に良型メイン【西伊豆】

アオリイカの春シーズン開幕。3月14日(土)、アオリイカが産卵を意識する水温16度台になったので接岸を期待して、私の主宰する伊豆烏賊人のメンバーと静岡県伊豆へエギング釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

松崎赤堤防で1.6kgアオリイカキャッチ

当日、先行メンバーは西伊豆方面から開始。朝マヅメの松崎赤堤防は先釣者なしだが、スミ跡もない。

小林さんは夜光ゴールドオレンジカラーのエギをキャスト。イトフケを取ってカーブフォールさせるとすぐに生命反応。魚かイカ分からないが、この時期のアオリイカは産卵場所を目指して回遊し、一尾掛かると後方から別のイカが追尾をしてくるといった状況がよくあるため、アタリのあったタナからカウントして探ってみるがアタリなし。

昼すぎに、夜光ブルーの3.5号エギで、足元まで丁寧に探ると、10m先で1.6kg超えをキャッチ。

▼この釣り場について
松崎赤堤防

夕マズメは妻良港で実釣

妻良港に日暮れごろ移動。このタイミングで私は合流。ファーストキャストはエギをブルー夜光の赤テープ3.5号に交換。カウントダウンして左右に揺れながらカーブフォールさせてアタリを待つ。トゥイッチして広範囲に動かしエギをアピールさせる。

前年から早生まれでもサイズが良いので、1~2kgが掛かる。そのためギャフやネットは持参したほうがいい。

陸っぱりエギングで春アオリイカ手中 1.6kg頭に良型メイン【西伊豆】ギャフやネットは必携(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

次のページで1kg超えが複数顔出し!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。