玄界灘オフショアジギング『春マサ』狙い 10.5kg浮上【ナインブルー】

玄界灘オフショアジギング『春マサ』狙い 10.5kg浮上【ナインブルー】

3月13日は釣りびよりとなり、福岡市・箱崎漁港から出船するナインブルーで玄界灘へ、オフショアジギングによる春マサ狙いに出かけた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘でヒラマサジギング

福岡市・箱崎漁港から出船するナインブルーは、ジギングからキャスティングまで近海のヒラマサ狙いに利用している船である。当日は、7人で出船し、小呂島周辺の水深30~40mからスタート。

まずはジギングなので、定番のロングジグ130gのシルバーを選び、ワンピッチジャークで誘う。

玄界灘オフショアジギング『春マサ』狙い 10.5kg浮上【ナインブルー】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

すぐに私の隣の人が、アカキンのジグでヒラゴを掛けた。

私も早速時合いかと懸命に誘うがヒットはない。そして、流し直すとヒットはするが2kgほどとかわいいサイズなのでリリース。2尾目も相変わらずである。ミヨシの人も同サイズと伸びない。まずは肩慣らしと思い、次を狙うが今度はヤズなのでリリース。

直後にヒラゴがヒットするなど、開始早々に数は釣れるがサイズが伸びない。

潮動くと春マサ10.5kg浮上

狙うは当然春マサらしい大きいサイズだが、こればかりはしょうがない。全員ヒットもあり、船長が大きく場所移動。しばらく航行し、壱岐の東側で水深80~90mを狙う。

今度は深場だが、そのまま130gを落とすと潮が効いておらず、そのまま「ストン」とジグが落ち、シャクリの抵抗もない。これではヒラマサは来ず、我慢の時間である。

潮が効いてくるのはいつかと待っていると、ポイントを移動し水深60mの魚礁に来た時、風がほどよく吹き、船が流れ、潮の抵抗も中層で効きだした。

すると、ポイント移動前に電動ジギングの同船者に、回収の早巻きでヒットしたのは10.5kgの春マサだった。船上も盛り上がり、皆懸命にジャーク。

筆者にヒットもスレ掛かり

そして、私に「ズドン」と強烈にヒット!ロッドが「つ」の字に曲がりドラグが出る。「よっしゃー!」と心の中で叫び、皆がジグを上げてくれて大型に備える。引きからすると10kgクラスに違いないはず。船長も「頑張って獲ってよ」と声を掛ける。締めたドラグからラインがジリジリと出ていくので、ロッドを立て懸命に耐えて巻ける時に巻き取っていく。船長が横に来て「あまり走らせないで」と声を掛ける。

ヒラマサには何度も苦汁をなめてきただけに、根から引きはがすことに集中し、ロッドの復元力を利用してどうにか中層まで浮かせた。これで勝負あり、魚体が見えてきたのでタモ入れなのだが、思っていたよりもサイズが小さい。

なんとスレ掛かりのヒラマサ5kgクラスであった。どうりで重たいはずである。ガッカリはしたものの、先ほどよりは大きくサイズアップしたので良しとしよう。

玄界灘オフショアジギング『春マサ』狙い 10.5kg浮上【ナインブルー】良型ヒラマサを堂々キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ヒラゴ&ヤズ連続ヒット

次のヒットは、移動前に回収して一瞬止めると、「ズドン!」。これもなかなかのサイズかと思われたが、なんだか引きがおかしい。これもスレ掛かりのヤズ4kgであった。そこからヒラゴとヤズの連続ヒットとなり、船上では慌ただしくタモ入れ。時合い到来だったが、サイズは伸びない。

海はナギだが、最後に水深20mのキャスティングポイントに来たので2人で誘ってみたものの、そううまくはいかず沖上がりの時間となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ナインブルー
出船場所:箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。