波止フカセ釣りで51cm頭に『乗っ込み』クロダイ6尾を手中【沼津】

波止フカセ釣りで51cm頭に『乗っ込み』クロダイ6尾を手中【沼津】

3月12日(木)、クロダイ狙いで、箱根から三島経由で静岡沼津の西浦に出かけた。フカセ釣りで、まさに『乗っ込み』の51cmクロダイを手中に!

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース APC・田邊昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

口野周辺でフカセクロダイ

6時すぎに現地到着。西風が吹く予報だが、まだ風はない。この日は、フカセ釣りで狙うため、コマセはマルキユーの「爆寄せチヌ」、「ナンバー湾チヌⅡ」、「ニュー活きさなぎミンチ激荒」などを、オキアミブロック3kgと混ぜ合わせる。タックルは、チヌザオ1号5.3m、2000番レバーブレーキリールにミチイト1.75号。仕掛けは、ハリス1.5号。ハリはチヌバリ2号。ハリス2ヒロに円錐ウキ(B)で、矢引分遊動するようにウキ止めをセット。

準備したものの、予報通り天候が変わり、風が吹きはじめたの、西風を避ける場所を探し、沼津周辺へ移動。風を避けられそうな、口野周辺でサオを出した。

波止フカセ釣りで51cm頭に『乗っ込み』クロダイ6尾を手中【沼津】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース APC・田邊昌汰)

乗っ込みクロダイ51cm!

サオをセットして水深を測ると約5m。つけエサは、オキアミ、練りエサ、コーン、サナギのなかから、オキアミを選んで開始。

1時間経過してもエサ取りの姿すらないので、ハリスに、ガン玉を打ち再開。潮がやや右手に流れるが、途中で止まり仕掛けがなじんで入っていく。「よさそうな雰囲気だな」と思っていると、ウキが消し込む。アワせると、魚が沖へ走る。手応えを感じながら、タモ入れしたのは51cmクロダイ。

波止フカセ釣りで51cm頭に『乗っ込み』クロダイ6尾を手中【沼津】タモ入れ成功(提供:週刊つりニュース APC・田邊昌汰)

1時間で5尾追加!

その後は1時間ほどで5尾追加して計6尾。そのうち、50cm超えは2尾。しかし、この場所も正面からの風が吹くようになり、昼ごろ納竿し、釣り場を清掃して帰宅した。ちなみに、釣ったクロダイは腹パンパン。乗っ込みだ。

波止フカセ釣りで51cm頭に『乗っ込み』クロダイ6尾を手中【沼津】釣果を手に笑顔(提供:週刊つりニュース APC・田邊昌汰)

<週刊つりニュース関東版 APC・田邊昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
口野周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

APC・田邊昌汰

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。