渓流ルアーフィッシングでアマゴ6尾 放流エリア中心にヒット【神崎川】

渓流ルアーフィッシングでアマゴ6尾 放流エリア中心にヒット【神崎川】

ようやく渓流釣りが解禁したので半年ぶりに、ルアー釣行に神崎川へ出かけた。放流エリアを中心にアマゴ6尾の釣果を手にした。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大西實)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

神崎川で渓流ルアー釣行

2月24日は岐阜県山形市の長良川支流武芸川上流、美山漁協管内の神崎川へ。この日は最上流部から釣り下ることにした。午前9時30分、遅めの釣り開始。取りあえずロッド5.6ft、ルアーはヤマメカラー45mmをチョイス。この時期は流れの弱いトロ瀬に居着くことが多いので、大岩裏のよどみへ緊張の第1投。しかし反応なし。

渓流ルアーフィッシングでアマゴ6尾 放流エリア中心にヒット【神崎川】タックル図(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大西實)

その後も流れ込み、アシの根元、チャラ瀬などいろいろ投げてみるが、どこも反応がないので移動。100mほど下った成魚放流場所へ。しかしここも2週間前の放流場所なので、相当たたかれているのか反応がない。

さらに100mほど下流へ移動。ここも放流場所だが反応がなく、思い切って昨年いい思いをした場所まで大きく移動した。しかし悲しくも、大水のせいで川の流れが変わり、ポイントが消えていた。

成魚放流の23cmアマゴゲット

仕方なく23日に成魚放流が実施された場所まで戻り、サオを出すことにした。しかしこの日は祭日のためか、多くの釣り人がいたので、しばらく様子を見ながら待っていると、1人帰り2人帰り1時間ほどで釣り場が空いた。早々にタックルを用意して、まずはアシの根元から探る。

渓流ルアーフィッシングでアマゴ6尾 放流エリア中心にヒット【神崎川】生魚放流のあった片狩地区(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大西實)

ダウンクロスでアクションを加えながら巻いてくると、岩陰からルアーの後に黒い影を発見。キラッ、グーンッと気持ちいい引きがロッドに伝わる。やり取りを楽しみながらネットイン。令和2年初のアマゴをゲットできた。放流物だけど意外に引いて楽しい。

2投目は反応なく3投目、流芯へキャストしアクションを加えながら流すと、いきなりゴンッとひったくられる感覚。下流へ持っていかれるのをこらえたが、残念ながらフックアウトで逃げられてしまった。気を取り直して同じ所を流すが、さすがに反応はない。

渓流ルアーフィッシングでアマゴ6尾 放流エリア中心にヒット【神崎川】片狩地区の下流域の渓相(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大西實)

そこで5m下流のよどみへダウンクロスで投げ込み、アクション加えた瞬間にゴンッ、ギューン。超気持ちよくやり取りしてネットに収まったのは、23cmの体高のある放流物だった。その後、2匹追加して下流の放流場所をのぞくが、釣り人が多くいたので、支流の天然物を狙いに行くことに。

小ぶりアマゴ追釣で今後に期待

葛原地区へのぞきに行くと、工事中で釣り場が崩壊している。さらに上流部へ。渇水気味で数カ所探ってみたが、やはりまだ早いのかチェイスなし。一番奥の放流場所で、小ぶりのアマゴを2匹追加して納竿とした。

美山漁協はこれから放流も続けていくので、ますます釣り人が増える。ルアーマンは、エサ釣り師と少し距離をおいた方がいいかも。これから3月になると解禁場所も増え、活性も高くなるので楽しみだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・大西實/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
神崎川:美山漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。