イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】

2月29日、福井県敦賀市色ケ浜から出船する泰丸の深夜便で、釣り仲間とヤリイカ釣りを楽しんだ。終盤になるまで私だけ蚊帳の外で大苦戦を強いられたが、終了間際に連発。オスの型揃いを20匹仕留め、納得の釣果を得た。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

人気のヤリイカ夜釣り

午後9時前に駐車場到着すると、大勢のアングラーでにぎわっていた。やがて釣友4人が到着して受付を終えた。当日の深夜便は22人の満席となり、大人の夜遊びであるヤリイカ釣りは大人気のようだ。

私たち全員がイカメタルなので、釣り座は両舷ミヨシ側に決まった。両舷トモ側は胴つきアングラーが座る。午後10時、全員が船に乗ると、敦賀沖のヤリイカポイントに向かう。

やがてエンジン音がスローになると、アンカーが下ろされた。そして「水深78m、鉛スッテ20号、胴つき仕掛けはオモリ80号を準備してください」とアナウンスが流れた。さらに「潮が速くヤリイカ狙いは底ですのでサミングで」と指示。やはり潮が速くてオマツリが多発する。船長はこの釣況を見て、磯際の浅場への移動を決断した。

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

船中ヒットも筆者にアタリなし

「水深は35mです」で仕切り直しだ。このポイントでは潮が緩く、ラインは船下に落ちていく。すぐに左舷ミヨシの上野さんのサオが曲がった。やがて上野さんは鉛スッテを抱いた良型ヤリイカを手にして笑顔。これが船中初ヤリイカ。ここから皆スイッチが入った。

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】上野さんと船中初のヤリイカ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

その後単発ながら船中全体でヤリイカが仕留められている。隣の藤城さんも巧みに誘って「おっ、乗せたぁ~」とうれしい声。巻き上げてエサ巻きスッテを抱いた良型ヤリイカを抜き上げた。藤城さんによれば底上2m付近でヒットしたらしい。

ヤリイカがベタ底にいるのは想定内だが、私は苦戦が続く。そんななかで上野さんは連発で良型ヤリイカを仕留める。この日は鉛スッテよりエサ巻きがいいと、上野さんからアドバイスもらう。

ノリさんとトオル君はオモリグで楽しみ、ダブルヒットで騒いでいる。ご両人は鉛スッテとオモリグで楽しんでいる。しかし私だけが蚊帳の外でサオが曲がらない。

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】エサ巻きスッテで藤城さんが(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

筆者も良型ヤリイカ手中

無我夢中で誘い続けると、サオが微妙に軽くなった。ここでアワセを入れると、イカの重みと鋭い突っ込みが。しかも重量感と引きが半端ない。そして良型ヤリイカを仕留めてひと安心だ。

ここからプチ時合い。イカメタル、胴つきともにエサ巻きスッテに好反応で、良型ヤリイカが次々上がる。ノリさんも藤城さんも、足元のイケスにはオスのヤリイカが泳いでいる。

午前3時ごろから少し海が荒れて、船の揺れが大きくなってきた。ミヨシの上野さんは立ち姿勢がつらくなり、座りながら誘ってもサオが曲がっている。

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】私と良型(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

最終釣果

沖上がり1時前にはサオを納めるアングラーが多くなった。釣友全員はキャビン内に入ってしまったが、私は船に揺られながら誘い続けた。これが大当たりで、ラスト45分で入れ乗りに突入。沖上がりまでのサオ出しは心がけよう(笑)。

そんなこんなで沖上がり時間を迎えて終了。私の釣果はオスの型ぞろい20匹でボリュ―ム満点。船中サオ頭の上野さんは、足場の悪いミヨシで28匹。船中全体でもオスの大型が多かった。

イカメタルでヤリイカ快釣 ラストに連発し型揃い20匹【福井・敦賀沖】サオ頭の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

<週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
泰丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。