駿河湾ナイトジギングで巨大魚を狙う 40kg級『アブラソコムツ』登場

駿河湾ナイトジギングで巨大魚を狙う 40kg級『アブラソコムツ』登場

1月下旬、ずっとあこがれていた駿河湾ナイトジギングでの大型魚狙いに挑んだ。40㎏級アブラソコムツとのガチンコバトルを楽しむことが出来た。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 高久瞳)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

巨大魚狙い沼津港出船

当日は月明かりがなく、真っ暗。大きなウネリに船酔いしながら、レンタルタックルを手にスタート。メタルジグはグローカラーのロングタイプ300gを選択。エサには船から支給されたサバエサを縫い刺し。指示ダナまでジグを落とす。大きくシャクってからステイしたり、小さく誘いをいれながら速巻きしたり、ベテランを観察しながら真似をする。

アタリすら分からず、エサを取られるばかりだったが、徐々に、水深100mにあるジグにエサが残っているかどうかの変化は分かるようになってきた。しっかりタナを合わせると小型のアブラソコムツやバラムツが顔を見せはじめる。反応がなければすぐに移動、テンポよくアタリは続く。同船した初挑戦の釣友に30kgクラスの魚がヒットして大盛り上がり。

40kg級アブラソコムツ浮上

竿先に違和感を覚えたので集中。突然、ゴンッと竿が引き込まれて強烈な重さがかかる。ラインを引きずり出しながら勢いよく泳ぐ魚がヒット。「ついにきた!」大物の予感がする。巻き続けてジワジワと寄せるまでは順調だったが、船に近づいてからは強い力で何度も走り、時間をかけてもなかなか姿を見せない。リーダー付近まで寄せては30mほど走られることを5回繰り返す。

駿河湾ナイトジギングで巨大魚を狙う 40kg級『アブラソコムツ』登場40kg級のアブラソコムツ手中(提供:週刊つりニュース関東版 高久瞳)

ヒットから10分ほどたってやっと姿を見せたのは、40kg近くありそうなアブラソコムツ。驚きの声を上げてしまうほどのビッグな1尾との対面は感動の瞬間だ。

10kgオーバー連続キャッチ

その後も休む暇なくヒットは続く。数回のバラシはあったが、10kgオーバーのバラムツを連続キャッチして大満足な釣行だった。身近にこんなに楽しい釣りがあったとは驚き。

経験者に教えてもらえれば、初心者も大型の魚と出会うことができる。何度もドラグを出される強烈な引き味、そしてどんなサイズが来るか分からないワクワク感。すべてに病みつきになる魅力がある。

<週刊つりニュース関東版 高久瞳/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
駿河湾
出船場所:沼津港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。