ジャンボサイズ!うま味たっぷりなヤリイカに挑む【駿河湾石花海(セノウミ)】

冬から春へと移り変わる今日この頃、今までは波風が強く荒天続きで出船できなかったが、3月4日は晴れて風もなく暖かい日になったので、セノの海ヤリイカに挑むことができた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

駿河湾のセノ海にはうまみたっぷりのヤリイカ

胴長40~50cmのジャンボ級も釣れる!

清水と言えば、街道一の大親分・清水次郎長の逸話があったり、アニメ・ちびまる子ちゃんの舞台であったり、サッカーチームの清水エスパルスがあるし、「シーチキン」などで有名なはごろもフーズもある。

静岡県の中核を担う都市。

羽衣の松など観光スポットもある魅力的な街だ。

駿河湾のセノ海では、沿岸湧昇流によって他では見られない豊富なミネラル分が含まれた海水により、うまみたっぷりのヤリイカが釣れる。

しかも胴長40~50cmのジャンボ級も釣れるとあり、ヤリイカ釣りの魅力が詰まったスポットだ。

セノ海の水深は深い。

プラヅノ投入器は必需品。

セノ海は水深230~250m。

敦賀沖紀伊長島沖とは比べものにならないほど深いので、使う仕掛けは必然的に胴つきとなる。

仕掛けを投入する際は、まずオマツリ防止のためプラヅノ投入器にセットし、オモリ120~150号を遠くへ投げて仕掛けを投入していく。

プラヅノ投入器は船宿で用意されている場合もあるので、事前に確認を。

今回使用したプラヅノは、昨年のクリスマスプレゼント企画でハヤブサから届いた『ピカイチスティック/ハヤブサ』青・黄・クリアのシングルカンナ、『さかな針ダブルカンナ/YAMASHITA』青・赤、そして『浮きスッテ/YAMASHITA』紅白・赤緑を使用。

カラー的には青系のプラヅノに反応が良かった印象だった。

参考タックル図。

当日は常に底から少し上げていくと徐々にイカの重みを感じた。

反応は良く、最初は手巻きでアタリを感じ取りながら追い乗りを狙い、最後は電動で上げる。

久しぶりの胴つき仕掛け、初めてのヤリイカ狙いということもあり、慣れていないせいか仕掛けのセットに手間取ったり、手返しがうまくできなかったり。

久しぶりの船釣りで少し酔ったりしたので、乗合客10人の中ではどん尻。

ヤリイカ19匹スルメイカ1匹の釣果だったが、胴長45cmのオスのヤリイカも釣れ、イカの重みを感じて楽しむことができた。

当日のサオ頭は57匹、2番手は54匹、平均は40匹ぐらい。

日ムラはある感じだが、ヤリイカの活性が良ければ多点掛けも楽しめるので、好調な乗りをまだまだ楽しめそうな雰囲気だった。

早速オスのジャンボヤリイカを刺し身にして芳醇(ほうじゅん)なうまみを堪能した。

大きいものは一度で食べきれないほどボリュームがあり、改めてジャンボヤリイカのすごさを感じた。

天侯や波の状況、乗合客の集まり次第によっては出船できないこともあるので、しっかり確認してから挑んでほしい。

ヤリイカの刺し身に舌鼓。

<週刊つりニュース中部版 APC・大西友和/TSURINEWS編>

▼アクセス
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。