寒波の中『チニング』にてキビレ手中 ネオンカラーがアタリ【潮見橋】

寒波の中『チニング』にてキビレ手中 ネオンカラーがアタリ【潮見橋】

2月8日は寒波。それに合わせてクロダイもいい加減いる所にいないかと、名古屋市港区潮見橋周辺へチニングゲームへ向かった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

風裏エリアでチニング

河辺氏と岩田氏と合流し、現地着が午後7時30分すぎ。しかしこの時期は、季節風の影響で北風が強い。

さらにこの日はかなりの強風。道中も街路樹や旗がかなりなびいている。

少しでも風を遮れる中流域へ。潮周りは大潮、干潮が午後11時57分、マイナス18cm。下げのタイミングでエントリーした。

ここ最近はシルバーウルフチヌ魂に反応がいいので、ガルプベビースクイッドを付けてまずは7gでフルキャスト。完全に風裏ポイントではなく風が巻いているが、チニングをやれない風ではない。ボトムを感じながらスローに巻いていく。

デッドスローで待望のキビレ

大潮ともあり、潮の流れ+横からの風でコース取りも難しいが、とにかく沖を中心に攻める。1時間ほどノーバイトが続いたので、河口域に移動するが強風のため断念し再び中流域へ移動。

ここで水色がクリアなので、ルアーのカラーをネオン系のルアーにチェンジ。沖を中心に今度はかなりのデッドスローで攻めると、ようやくショートバイトが出た。

じっくりルアーを見せる方が良さそうなので、集中力を切らさず丁寧に攻めていると、ようやくがっつくバイトとともにフルフッキング。あまり引かないが、クロダイらしいロッドをたたくような引きを存分に楽しむ。上がってきたのはキビレ。サイズはともかく、苦労して仕留めた1匹はかなりうれしい。

極寒に耐え引きずり出した1匹

しかし追加を試みるが後が続かない。しばらく無反応が続く。

私は日付が変わるころに帰らなければいけないので、再び河口域へ移動。ラスト1時間ほどだが、河口域でも沖のブレイクを中心に攻める。

風は多少収まったが、体感的にかなりキツイ。ここでようやく河辺氏にキビレがヒット。

寒波の中『チニング』にてキビレ手中 ネオンカラーがアタリ【潮見橋】苦労して仕留めたキビレ1匹は嬉しい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

そしてまた1匹釣れたらパタッと釣れなくなってしまったので、潮止まりともあり私はこの辺りで撤収とした。

ネオン系がアタリカラー

残った2人は再び中流域に向かうとのことで、私が自宅に着いたころに上げ潮のタイミングで3匹追加したとのこと。今回は全員ネオン系のカラーでのヒット。

寒波の中『チニング』にてキビレ手中 ネオンカラーがアタリ【潮見橋】 冬の釣りは1匹釣るのに苦労する(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

1匹釣るのにかなり苦労するが、これも冬の釣り。乗っ込み系も釣れてくるタイミングでもあるので、通い詰めることによっていい釣果にもつながる。

ただ体感的にもかなり寒さが厳しいので、私はDRESSのヒートベストを着用して防寒対策をしている。

寒波の中『チニング』にてキビレ手中 ネオンカラーがアタリ【潮見橋】DRESSのヒートベスト(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

防寒対策をしっかりして、ルールやマナーを守り釣りを楽しんでいただきたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
港区潮見橋周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。