【木更津エリア2020春】船での夜メバルのキホン エサ&ルアー毎に解説

【木更津エリア2020春】船での夜メバルのキホン エサ&ルアー毎に解説

昼間は岩陰や護岸のすき間などにジッと身を隠しているメバル。暗くなった時間帯はまさにプライムタイム。今回は木更津エリアの、船での夜メバル釣りについて解説。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:宮川丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

木更津エリアの釣況

この釣りを売りにしている内房・木更津桜井出船の雄士丸では、連日好調。カサゴやムラソイなども交じりクーラー満タン。

木更津出船の宮川丸では主にルアーで狙う。シーズン序盤はアジも元気なので、よく交じる。2日はリレーで狙ってメバルはいい人10尾前後でアジはトップ40尾。

【木更津エリア2020春】船での夜メバルのキホン エサ&ルアー毎に解説2日宮川丸にて(提供:宮川丸)

例年4月末~ゴールデンウイークすぎまでは楽しめる。終盤になるにつれ、30cm超えの良型が交じることもしばしば。

東京湾横浜山下橋や金沢八景では、春すぎごろから秋にかけて夕涼みをかねた夜釣りの乗合船がでる。

夜エサメバル釣りのタックル

メバルのエサ釣りタックルを紹介する。

エサ

エサに使用するのは主に青イソメなどの虫エサ。夜の海中でイソメが光ってアピールするので、ベストとされている。

タックル

図は木更津桜井出船の雄士丸での釣りを想定した一例。

【木更津エリア2020春】船での夜メバルのキホン エサ&ルアー毎に解説木更津夜メバルのタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

同地周辺は浅場の好釣り場が点在、極軽いオモリで楽しめる。ただ、フッコやカレイなど急な大物に対応できるようにミキイトが太めなのが特徴。

ほかではオモリ15~25号前後の胴突き仕掛けが一般的。

次のページでルアータックルを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。