サーフの投げキス釣りで強烈なアタリ到来 正体は42cmヘダイ【福岡】

サーフの投げキス釣りで強烈なアタリ到来 正体は42cmヘダイ【福岡】

秋晴れの10月16日。福岡県宗像市の釣川河口のサーフ(右側)へ、シーズン終盤のキス狙いで投げ釣りに出かけた。強烈なアタリと共に思わぬ大物がヒットした。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・近藤誉)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

当日の投げ釣りタックル

エサは途中の釣具店で砂ゴカイを50g購入した。午前7時くらいから11時くらいまでの短時間での釣りを計画した。

当日の第1投。仕掛けは5色(1色=25m)ほどスムーズに飛び、1色ラインまで探ってみるとアタリはある。ここで仕掛けを回収してみた。ハリを取られてしまっていた。フグが多いようだ。

サーフの投げキス釣りで強烈なアタリ到来 正体は42cmヘダイ【福岡】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・近藤誉)

河口付近のポイントをあきらめて、奥側に50mほど移動。移動後の第1投。今度も同じ5色ほどまで投げる。4色ラインまでゆっくり引いて探ってみるとアタリ。18cmくらいだがキスであった。

キスではないビッグヒットが

サーフの投げキス釣りで強烈なアタリ到来 正体は42cmヘダイ【福岡】当日のポイント(作図:週刊つりニュース西部版 APC・近藤誉)

移動を繰り返し、河口付近から200m近くは移動してきているだろう。その付近で探っていたところ、3色付近で連続でアタリがでた。フグの多い2色手前までゆっくり探ってみる。なんとか3連を達成。ひと安心である。同ポイントで次も2連でキスを釣り上げる。なんとかポイントを発見できたようである。

10時半ごろ、いきなりサオを横に持っていく強烈なアタリがきた。今朝の1投目にやられているので、今回は慎重にサオを立てた。

仕掛けが細いので、イトを出してやり取りしたいところであるが、投げ釣り専用リールであるのでドラグがついていない。そこで、ハンドルブレーキを解除して、ハンドルを手で逆転させ、慎重にやり取りを行った。普段ではありえないスリリングなやり取りだ。

正体は42cmヘダイ!

ゆっくりとではありながら岸に近づいてきた。波打ちギワの手前にきてもドンドン走るのでゆっくりと体力を消耗させ、浮いたところを波にのせて砂浜に引き込んだ。上がってきたのは42cmのヘダイであった。

確認してみると、ハリは伸びており、ぎりぎりであった。キス釣りの仕掛けでよく上がったものである。

当日の最終釣果

思わぬ大物との出会いもありながら、結局11時まで粘ってみて、15~22cmのキスが33尾の釣果であった。最後にポイントを発見できたことが釣果に繋がった。やはりキスは足で釣れとの格言通りの釣果になった。

この日の釣り方として、こまめにポイントを移動し、4色は投げて3色から2色までをていねいに探る。手前はフグが多いので、素早く仕掛けを回収するといったパターンであった。

足場がよく、広い釣り場なのでファミリーにも最適である。各自マナーには十分に注意して、キスをゲットしてほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・近藤誉 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
釣川河口
場所:福岡県宗像市
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。