LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】

10月下旬、相模湾茅ヶ崎のまごうの丸からLT五目に挑戦しました。竿が折れそうな強い引きに感動、3kgワラサにイナダ10匹の釣果でした。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まごうの丸でLT五目釣り

まごうの丸に乗船後、さっそく船長に釣り方の基本を教えてもらいます。指示ダナの前後をテンポよくシャクッて、誘い続けることらしい。

メーンターゲットはブリの幼魚・イナダで、引きが強くて楽しいと聞いていたので、釣りたかった魚種の一つです。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】船宿まごうの丸略図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

当日のLT五目の仕掛け

ワクワクしながらタックルの準備。ミチイトの先に天ビン、オモリのついたコマセカゴを付け、仕掛けは2本バリを使用。

カゴにアミコマセを詰め、エサはイカの短冊を付けます。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】船上の様子(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

初めてのイナダを手中に

港を出て15分ほどでポイント到着。投入のアナウンスがあり、リールカウンターとミチイトの色分けで正確にタナ取り。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】使用したタックル(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

コマセをまくと、さっそくきました。「グググ~」。「えっ!」今までの釣りでは感じたことのない凄い引きです。手巻きで水面まで巻き上げます。「凄い」、初めて見たイナダに感動しながら1尾目ゲットです。

「よーし、まだまだ釣るぞ~」。同じようにタナまで仕掛けを下ろしたら、竿を「シュッシュッ」と鋭くシャクってコマセワーク。何度か繰り返していると、再びヒット~。朝から好調で、立て続けに4尾追加。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】掛かった~(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

イナダの連掛けに成功!

でも、しばらくするとアタリがなくなってしまいます。ここで船長から移動の合図。3カ所目のポイントで久しぶりのアタリ。「プルプルプル、ん?」どこかイナダとは違うとても弱い引き。巻き上げてみると小さなアジが付いていました。

それを見ていた人が、「そのアジをエサにしたら大きいのが釣れるよ」と教えてくれました。コマセを詰め直して再投入。すぐ小さなアタリがきたので、掛かったアジがバレないように待ちます。

すると、今まで以上の大きなアタリがきました。頑張って巻き上げてくると、やがて海中に青白い影が2つ。「やった~」、念願のダブル成功。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】念願のダブル成功(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

食わせサビキに70cmワラサ!

このあと、船長のアドバイスで、食わせサビキ用の仕掛けに交換。「ここまできたらツ抜けしたい」。

「プルプル」のあと、イナダが食いつくのを待っていると…。いきなり竿が折れるほどの強い引き。リールからミチイトがどんどんと海のなかに引っ張られます。

魚が下に向かって走っているとき、無理にリールを巻くと切れてしまうので、そのまま走らせます。魚が疲れて休憩したタイミングで距離を詰めます。

巻いては出されを5分以上繰り返していると、やがて水面に大きな魚影が見えてきました。船長にタモ入れをお願いして、70㎝くらいのワラサを無事取り込み。

今まで釣った魚のなかで一番のビッグサイズ。嬉しさと釣り上げた達成感で泣きそうになりました。もう感無量です。

LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】食わせサビキで3kgワラサ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

最終釣果

本当に大興奮な一日でした。釣果は3kgワラサにイナダ10尾。明日は筋肉痛で腕が上がらなくなりそうです(笑)。

<週刊つりニュース関東版 利水つばさ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:まごうの丸
LT五目船で人生初のワラサに興奮 イナダのツ抜けも!【まごうの丸】

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。