シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】

シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】

10月1日、開幕を目前に控えたタルイカを捕捉するべく、タルイカメタルのパイオニア岩城透さんとともに、福井県敦賀市の敦賀港から出船している一美丸に乗り、その姿を追った。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

タルイカシーズン開幕

午後3時半、乗船場で岩城さんと合流、直近の状況を聞く。今季の若狭湾ではきわ立った情報は少ないものの、兵庫県の日本海側では、タルイカのまとまった漁獲が確認されているとのこと。福井県の海にやって来るのも時間の問題のようだ。

シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】タルイカメタルのルアー(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

午後4時半に出船、船は敦賀沖水深200mオーバーのポイントに入った。集魚灯点灯後、ベイトのスルメイカがポツポツ釣れ出した。事前情報が皆無に等しい今釣行。魚探に現れるベイト反応を頼りに、広い水深帯を探っていく以外に手はない。

タナのリサーチの仕方

タルイカのリサーチは、怪しい水深帯の上から順に、5m誘い上げては10m落とすことを繰り返し、怪しい水深帯の底部まで、5m刻みでタルイカを探す。一度底部に到達し、上へとリサーチして行くときは、前述の「上げの誘い」のみ5m単位で繰り返していく。

そして、アタリやベイトの濃い層など情報を得たら、タナの探査を3m刻みにし、ヒントを得た地点を中心に、上下幅20~30mの範囲を重点的に探るのだ。

誘い方

シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】専用ロッドとベイトリールがお勧め(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

また、誘いのアクションについては、ゆっくりしたワンピッチジャークを数回入れたあと、ロッドを立ててルアーをリフトし、ここからロッドのストローク分フォールさせ、最後にステイを入れて1セットとなる。

サゴシは手早く対処し持ち帰ろう

さて、当日の実釣に話を戻そう。情報が少ないなか、乗船者たちはリサーチを続けたが、時折ロッドを曲げるのは、スルメイカやサゴシばかり。スルメはいいが、サゴシが掛かるとカンナがエラに回って厄介なことになる。サゴシを毛嫌いする人が多いが、デッドリリースは控え、命を粗末にしないためにも持ち帰ろう。

カンナがサゴシのエラに入り込んだら、ルアーをエラから抜きとって外す。ルアーの接続にスナップを使用すれば、この作業が早くでき、タイムロスも少ない。

シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】ルアーの接続にはスナップを使おう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

本命タルイカが船中浮上

その後、各人疲れもあって、船内の会話も途絶えてしまった。時計を見ると残り時間は30分。諦めかけたそのとき、ふと目をやった斜木さんのロッドが突然曲がり込み、同時に激しいドラグ音が鳴り響いた。

「来た来た来た!絶対本命」誰かれとなく発せられた声。緊張感あふれるファイトが始まった。巻いては走られの攻防が展開され、周囲が固唾をのんで見守っている。

やがて、タルイカの最後のジェット噴射が終わり、海面に現れた巨体を、北野船長のギャフが一撃で捉えた。まさに、土壇場でのメイクドラマ。タルイカメタルによる令和第一号のタルイカが船上に横たわった。

シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】歓喜と緊張が交差する取り込みの瞬間(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

見事バトルを征した斜木さんは、なんと御年82歳。パワーバトルを終えた直後ということもあり、岩城さんがアシストしながら、勝利のブツ持ちを決めた。

いよいよ、タルイカが敦賀沖に到着し始めた。今秋の夜も、寝ている暇はなくなりそうだ。

<週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:一美丸
シーズン開幕した『タルイカメタル』で令和初本命が顔見せ【一美丸】
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。