秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】

秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】

静岡伊豆で秋のターゲットとして期待されるアオリイカ。「そろそろ開幕ではないか」と思って、9月30日(月)にエギングで釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 静岡・野中功二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

稲取港でエギング

静岡県・東伊豆周辺には、青物が回遊しており、本命の接岸はまだ先のような気配ではある。稲取港に16時ごろ到着すると先行者もスミ跡もない状況だ。

秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】稲取港周辺略図(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

まずは3号のエギをキャスト。中層を意識しながらダート、テンションフォールさせるとすぐに生命反応は伝わってくるが、魚かイカかは分からない。

この時季、アオリは群れで回遊している事が多く、1尾掛かるとたてつづけにアタリがあり、数釣りができるのがだいご味。

アタリがあったタナからカウント、下層を探る。クククと竿に反応があり、新子がエギを抱いてくれた。

この時期は「新子」と呼ばれるサイズが多く、200~400gがアベレージ。早く生まれた個体は600~700gになっているので取り込み道具(ギャフやネット)は持参したほうがいい。

新子がエギを猛追

次は、船道にキャストして広範囲を探る。足下でステイさせると、同じ型が目の前まで追尾して来た。

周囲が暗くなってきたので、エギをレッドピンク(赤テープ)に交換。左右のダートを意識してテンションフォールでアタリを待つ。時折、激しく動かしエギをアピール、イカに見付けてもらいやすくするのもいい。

このような誘いを続けて時合いを待つと、数投目にコツンと何かぶつかった。そのままカーブフォールさせると魚とは違う引きが竿先から伝わってくる。ラインはツツ~ッと持っていかれるが、竿を立ててアワせると同級。

秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】200~400gの新子がメイン(提供:週刊つりニュース関東版 静岡・野中功二)

中層で良型をキャッチ

秋特有の連発に気をよくして続けるが、潮止まりを迎える。

「これまでか?」と思いながらエギを交換。中層から大きくシャクり上げて、テンションフォール(カウント4)。小さくアクションを数回いれた瞬間、引ったくるような明確なアタリ。ドラグが軽く音をたてて、心地いい引きだ。なかなかのサイズにギャフを使用する。

その後はエギを替えるたびに小型のアタリが続いた。

秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版 静岡・野中功二)

今後の静岡伊東の展望

9月後半は、イセエビの刺網漁が解禁となり、竿を出せなくなる場所があるが、10月からは静岡伊東の各堤防でアオリイカが解禁された。

釣りやすい時期のエギングに、ぜひ挑戦してほしい。アクションが苦手な人は、投げて沈めてゆっくり中層をタダ巻きするだけでも掛かる。

必ずライフジャケットは身に付けたい。

秋アオリイカ狙いのエギング釣行 早生まれの中型もキャッチ【稲取港】10月からは静岡伊東の各堤防で狙える(提供:週刊つりニュース関東版 静岡・野中功二)

<週刊つりニュース関東版 静岡・野中功二/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
場所:東伊豆町稲取港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。