秋の野釣り47cm巨大ヘラブナ手中 40cm超が連発【上津ダム】

秋の野釣り47cm巨大ヘラブナ手中 40cm超が連発【上津ダム】

9月30日、10月1日の私の連休を利用して、奈良県山添村の上津ダムへ単独で釣行した。両日とも尺半級の良型ヘラがコンスタントにサオを曲げてくれ、秋の野釣りを満喫することができた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・久保一美)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

9月30日はすずの橋付近で良型4匹

9月30日は午前5時30分に現地に到着したが、好ポイントはサオの放列。仕方なく上流の「すずの橋」の1人ポイントに入釣した。ここは水面から釣り台まで1mと高く、水をくむのも大変だが、とりあえず釣り台をセットして17尺を出すことにした。

エサはマッシュベースで、タナ2本(約2m)からスタートすると、ボウル2杯目でヘラの気配があり、午前中41cmと42cmが釣れた。

後半はスレが多く、上層のコイに掛かってハリス切れなどもあったが、16時ごろの時合いに44、46cmを追加して納竿した。

秋の野釣り47cm巨大ヘラブナ手中 40cm超が連発【上津ダム】釣り場風景(提供:WEBライター・久保一美)

1日もすずの橋付近へ

翌10月1日も同じ場所へ。前日の反省点を踏まえて仕掛けやエサを一工夫して臨んだ。

サオは17尺、ミチイト1.5号、ハリス0.8号は同じだが、上バリをサイト15号、下バリをセッサ9号とした。エサはマッシュ400cc、マッシュダンゴ200cc、藻べら200cc、水200ccで開始した。

秋の野釣り47cm巨大ヘラブナ手中 40cm超が連発【上津ダム】当日のタックル(作図:WEBライター・久保一美)

前日もそうであったが、ジャミアタリが皆無だ。それならと、タナも1本浅くしてまずは十分なエサを打ったところ、約30分後に早くもヘラの気配らしく、ウキの横でしっかりした泡づけも出始めた。

午前7時過ぎ、カチッと2節押さえたが、乗らない。そこで手水でエサを調整して打ち、ウキをなじませた。すると、2節ほど返った直後に力強く入った。

一気に沖へ走るのを必死にため、タモへ導く。すぐ40cm級の腹パンと分かったが、引き上げる際にタモが抜けないか心配になるほどの重量感だった。しかも、掛かり場は狭く、身動きが取れない状態だ。1匹目は尺半上(45cm以上)ではなかったが、43cmの腹パンベラだった。

2匹目は10分後にこれは落ち込みで44cm、続いて42、41.5cmとすべて40上の良型揃いの連発!

ずっしりと重い47cm超もヒット

そして9時前、やはり落ち込みで3節ほど押さえられた。左右に走られたが、何とかタモへ。引き上げる際はずっしりと重く、検寸するとこの日の最長寸(47.2cmの腹パン)であったことから、釣り台に置き、記念撮影。50cmまであと3cmかと思いながらリリースした。

秋の野釣り47cm巨大ヘラブナ手中 40cm超が連発【上津ダム】最長寸の47cm(提供:WEBライター・久保一美)

その後も42~45.8cmまで6匹の釣果で昼食タイムとした。

後半、開始早々にスレが多発したことから、エサを巨ベラ400cc、新べらグルテン200cc、水400ccを試した。結果的にスレもなく3匹目の尺半級と43、44cmと良型連発にうっとり。

夕方の好時合いに期待したが、16時前ごろから雷、そして雨という最悪のコンディションで、納竿を余儀なくされた。

狙い方&注意点

この日の釣りの要点は、夜明け前に入釣してモジりを確認、なるべく水深のあるポイントで水通しのいいところへ入釣、早朝のヘラはタナ2本(約2m)までを狙うという3点であった。

仕掛けとエサについては、ミチイトは1.5号以上、ハリス0.8号以上で、ポイントにもよるが、アタリが遠い場合はハリスの長さを上50cm、下70cmと長くする、サオもポイントによるが、15尺~21尺と揃えたい。また、ジャミも少なかったことから、マッシュのみならず両ダンゴでも十分狙えるだろう。

上津ダムでは稀に50cm級も確認されており、水深のあるポイントでは巨ベラの可能性は十分ある。

<久保一美/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
上津ダム

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。