ティップランエギングで胴長25cm頭に6匹と好釣【和歌山・湯浅沖】

ティップランエギングで胴長25cm頭に6匹と好釣【和歌山・湯浅沖】

10月1日、海南のフィッシング大西を利用して、和歌山の湯浅沖へティップランエギングとマイクロジギングの2本立てで釣行してきた。マイクロジギングはぱっとしない釣果に終わった私だが、ティップランエギングではこの時期としては良型の胴長25cmを頭に6匹の釣果に。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・入江信司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

マイクロジギング&ティップランエギング釣行

この日は釣友の宮川靖さん夫婦と一緒にマイクロジギングに行こうと約束していたが、急遽ティップランエギングもすることになり、マイクロジギングと両方をすることになった。朝5時半に和歌山県湯浅の広港で待ち合わせ、船長に状況を確認して5時40分に港を出港!

少し走ったところで船長が「台風の影響で少しウネリあるね~」と言うから「ヤバイかも?」と不安になったが、到着したポイントはあまりウネリもなく、いい感じがした。船長から仕掛けをセットするように指示があり、すぐにエギングの準備を済ませた。

仕掛けはサオがトリプルクロスで、ラインはPEラインの0.6号、エギはダートマックスTR30g-BKパープルボーダーパープル とTR30g-BKレッドパープルレッドの二種を使用した。

開始早々に胴長25cmアオリイカ

ティップランエギングで胴長25cm頭に6匹と好釣【和歌山・湯浅沖】胴長25cmのアオリイカ(提供:WEBライター・入江信司)

最初のポイントは水深15mぐらいで、潮はあんまり流れないポイントみたいだ。最初はパープルボーダーパープルのエギで釣りを開始した。

とりあえずエギをサオ下に入れて、着底したら少し巻いて止めて待っていたら、すぐに乗ってきた。なかなかの引きで、上がってきたのは胴長25cmのアオリイカ!「秋にしたらいいサイズ」と船長が褒めてくれて気分は最高。

しかしここで釣れたのはこの1匹だけ。その後何回も打ち返したけれど、アタリはなかった。船長が「次の深いポイントに行きますか」と聞いてきてくれたので、ポイントをかわることにした。

ポイント移動後に連発

次のポイントは水深24m。「ここはマイクロジギングもできるよ」との船長の案内で、釣友はマイクロジギングをやることに。私は引き続きエギでイカ狙い。

マイクロジギングの釣友は早々に小ダイを釣ったが、私はなかなか釣れず。20分ぐらい過ぎたころに待望のアタリが出て、上がってきたのはこれも胴長25cmだった!

ティップランエギングで胴長25cm頭に6匹と好釣【和歌山・湯浅沖】私とアオリイカ(提供:WEBライター・入江信司)

それから連発で釣れ、13時までに胴長17~25cmまでのアオリイカを6匹釣ることができた。

その後、船長からのサービスで14mポイントでマイクロジギングを少しやることになったが、ダメだった。しかし、釣友の奥さんはマゴチ50cmを釣り上げることに成功!これで終わりとし、港に戻った。

今後の展望

湯浅のティップランエギングはまだまだいける!船長によると、11月いっぱいは期待できるとのこと。イカは食べてよし釣ってよしの最高のターゲット。

皆さんも行ってみてはいかがだろう?

<入江信司/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。