SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】

SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】

9月14日、なんとなく秋の気配を感じてきた今日このごろ。TEAM雑魚の原田さんと福岡市・箱崎漁港から幸の鳥号に乗り込み釣りに出かけた。今回の狙いは大型青物。SLJ釣行をレポート。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

小呂島沖で大型青物狙いSLJ

SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

午前5時に出船し、7時すぎに小呂島沖に到着。すぐにドテラ流しで釣り開始。

水深は70m、私は60gのグロー系タングステンをチョイスしてSLJで攻める。海底は岩礁帯で起伏が激しいので、根掛かりに注意しながら着底したらただ巻きでスピードに強弱をつけながら様子をうかがう。

15kg超のマグロがヒット!?

まずは40mを基準に、巻いてはフォールを繰り返していると、フォール中の50mラインで何かがアタり、フッと軽くなったら一気に走りだしたので、ロッドを2、3回あおってフッキングを確実にして戦闘態勢を整える。

が、止まらない。ライトタックルとはいえ、PEライン1.2号にリーダー7号なので無理はできない。

この日は調査なので、原田さんも仕掛けを回収して様子をうかがっている。それにしてもよく引きよく走る。この引きはたぶん大型のマグロだと思う。

船を引きに合わせて右へ左へグルグルと何回ほど回っただろうか。引きが緩やかになってきた時、船長にお願いして船を動かしてもらい巻きに入る。そして、ようやく姿を現したのがマグロ。

観念して浮いてきたところを原田さんにランディングしてもらい、無事にゲットすることができた。15kgを超えていたが、30kg以下はリリースと決められているのですぐにリリースした。

SLJで大型ヒラマサも登場

ジグをとっかえひっかえしながら大型アコウやアオナなどを釣り上げるが、ブルー系のジグにはヤガラのヒット率が高く感じた。

SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】良型アオナをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

そして、原田さんに底から20回ほど巻いたところでド級のアタリがありロッドが海面に突っ込む。ここはパワーとパワーの勝負になる。ギュンギュンとドラグが唸る。

今度は、私が応援に回り原田さんのやり取りを見て楽しむ。とうとう観念して浮いてきたのは、メーターオーバーのヒラマサだ。一発でランディングしてガッツポーズ。

本人の記録更新とはならなかったが、価値ある1尾だった。

SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】原田さんのメーターオーバーのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

玄界灘・大物シーズン突入

この後、私にさらに正体不明のモンスターがヒットしたが、PEライン1.2号が高切れしてしまいあえなくブレイクしてしまった。次はヘビータックルを持って行きたいと思う。

さあ、いよいよ秋の大物シーズンになってくる。安全に心掛けて楽しく釣りに行こう。

SLJでメーター超えヒラマサ 15kg超えのマグロもヒット?【福岡】筆者もナイスファイトを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦)

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
幸の鳥
出港場所:福岡・箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。