オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】

オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】

9月6日(金)、オキメバルを狙って、茨城日立会瀬漁港の弁天丸から釣行した。2~4点掛けとズラズラと良型オキメバル含み多点掛けで今後も期待大。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

弁天丸でオキメバル釣り

5時ごろには受け付けを済ませて乗船。この日の同船者は9人で、右舷側に4人、左舷側に5人が分かれて座る。私は空いている右舷胴の間に入った。

5時15分、阿部正美船長の操船で港を離れる。空は晴れており海上は南寄りの弱い風で、波はなくナギ。メバル釣りには絶好の状況だ。

20分ほど真沖へ走ったところでエンジンがスローになり、船長から準備の合図。

釣り場は港から近く、ポイントが多数あるので、多少波が高くても楽ちんだ。

当日のタックル

オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

潮回りが終わり、ポイントが決まって開始。水深は約50mで海底の根回りを攻めるようだ。

胴突き5本バリにエサはサバの切り身をチョン掛け。オモリは60号を使用。

仕掛けを下ろしてから、しばらく船を流して釣っていたが、船中の誰にもアタリはなく移動。その後、3回ほどポイント変更を繰り返すが、船中でメバル2尾とホウボウが数尾釣れただけ。

良型オキメバルが2~4点掛け

ここで大きく移動することになる。15分ほど走ったところで再開。

仕掛けを下ろして間もなく船中全員に本命のアタリがくる。ちょっと待って、追い食いさせてからゆっくりとリールを巻き始める。

パーフェクトは見られなかったが、ほとんど2~4点掛けで良型が交じる。

オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】良型をゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

船中3点掛け連発!

右舷ミヨシの石山さんは良型とソイを手ににっこり。同舷の松本さんは3点掛けだ。右舷でもそろって3点掛けを見せてくれる。

この場所に移動してからは、潮回りのたびにポツポツと掛かり、皆、かなり数が伸びた様子だ。

オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭)

ところが、後半にはいってからは全くメバルの食いはなくなり、ベラやイナダなどが釣れる程度で、根掛かりする人が多くなってきた。少し油断しただけで、私も2組の仕掛けを取られてしまう。

オキメバルは置き竿でも釣れるが、手持ちで時々、誘いをかけた方が食いはよく、根掛かりを避けるためにもぜひ後者で狙ってほしい。

その後も本命の食いは悪く、数は伸び悩むことになる。船長から「いい反応がでているよ」の声はかかるが、本命はまったく口を使わなくなり、船上ではしばらく沈黙が続く。

当日の最終釣果

このような状況は最後まで続き、残念ながら正午に沖上がり。船中釣果は良型交じりで8~21尾。

「きょうの潮はカツオやマグロが入り込んでくるような澄んだ潮色だったので、メバルも口を使わなかったようだが、今後潮が変われば間違いなく以前のように釣れだすので心配はないだろう」と船長。

私もこの場所にはメバル狙いで何度も通っているが、いつも好釣果で、この日のような釣りは初めて経験した。自然相手のレジャーだけに、こういう日はあるだろう。

今後は型、数ともに期待できるので、皆もぜひ一度挑戦してみてほしい。

<週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について:弁天丸
オキメバル船で多点掛け連発 食い渋りでもトップ21尾!【弁天丸】

この記事は『週刊つりニュース版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。