伊良湖沖で人生初ジギング ナブラ発生でテンションMAX!【愛知県】

伊良湖沖で人生初ジギング ナブラ発生でテンションMAX!【愛知県】

8月後半、仲間と以前から計画していたジギングに挑戦。台風後でどうなることかと心配したが、前日に出船連絡があり楽しみで眠れなかった。当日は、タチウオをから切りに、ナブラも発生しハマチが大漁に釣れ、釣行後は舌でも堪能し楽しめた一日だった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊良湖沖でオフショアジギング

午前5時に仲間と愛知県半田市の半田港に集合。伊良湖沖のチャーター便として、6人の仲間と出船。5時30分に出船だったが、私たちがジギング初挑戦ということで船長が船上でロッド、リールの扱い方、ジグの付け方や結び方を丁寧にレクチャーしてくれた。

いよいよ出船。仲間たちとワイワイ話していると、あっという間に伊良湖周辺に着いた。ここで実際に船長がロッド、リールの扱い方、巻く速さなどを教えてくれた。あまりのリールを巻く速さに私たちは、こんなに速く巻いて釣れるの?と驚いた。

初フィシュはタチウオ

そこからポイントまで走らせ、私たちの初ジギングが始まった。着底と同時に高速でリールを数回巻き上げる。これを繰り返すが反応がない。

場所を変え、タチウオが釣れるポイントへ。水深が深くジグが着底するのに時間がかかるが、着底してからゆっくりとロッドを縦に振る。すると、仲間が「きた!」と叫ぶ。上がってきたのはきれいなタチウオ。そこから全員がタチウオを釣って数を増やしていく。

伊良湖沖で人生初ジギング ナブラ発生でテンションMAX!【愛知県】タチウオ好調(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

ある程度タチウオを釣った後、大物狙いでポイントを駆け回る。何カ所かポイントを攻めていると、船長が「大きいの入ってきたよ!」と声をかけてくれた。そのたびにジグが着底した瞬間からリールを高速で巻く。これが数時間続く。

しかし潮の流れが上層と下層では全く違い、底を取るのが難しく仲間同士でラインを絡ませてしまう状況も。そこで潮が緩やかな場所へ移動。

ナブラ発生でテンションもMAX

その場所で初めて見る光景が広がった。海に2つの巨大なベイトの群れ、それを食べる魚が海面でバシャバシャしている。ナブラだ!

ゆっくり船を近づけてジグを落とす。数回巻き上げると私にきた!しかし、すぐにラインブレイク。サワラの仕業らしい。すぐにジグを付け替えるが、またまたラインブレイク。次こそと気合いを入れ、ようやくハマチが釣れた。

伊良湖沖で人生初ジギング ナブラ発生でテンションMAX!【愛知県】釣った魚は豪華な夕食に(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

ここから船上は大忙し。仲間たちも残りのパワーを出し切り、ハマチをキャッチした。まだまだ楽しめそうだったが、釣行時間が残り少なくなりラストはまた大物狙い。私も悔いのないジギングをしたかったので、残りのパワーを出しリールを高速で巻く。

すると着底して5巻きした瞬間、ドカンと重くなるバイトがきた。アワセを入れるとグングンと走るが、私も負けないようロッドを支えて巻く。数回巻き上げた時ふぁっと軽くなり、痛恨のフックアウト。

しかし最後の最後に大物と格闘できた初ジギング。8時間以上楽しめたのは仲間がいたからであり、ジギングの楽しさを体感してもらおうと、たくさんのポイントを回ってくれた船長のおかげだった。

帰宅後ハマチはしゃぶしゃぶや刺し身、タチウオは塩焼きでいただいた。家族も喜ぶ豪華な食事になった。

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:半田港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。