キャスティングで狙う『シイラゲーム』初心者入門 相模湾シーズン到来

キャスティングで狙う『シイラゲーム』初心者入門 相模湾シーズン到来

相模湾の夏の風物詩のひとつが、キャスティングで楽しむシイラゲーム。近海で1m級のターゲットが、自分のキャストしたルアーに目の前で襲い掛かるシーンが見られるシイラゲームはとても人気。さらに、ここ数年はそのシイラより「湾マグ」と通称される20~30kgのキハダを狙ったルアーマグロも楽しまれている。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野呂 昌明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シイラゲームのルアー選択

トップタウオータープラグは、10~18cm程度のポッパーやペンシルベイト。水中でアクションさせるシンキングペンシル、ミノーがあればいい。その日の状況によって使い分ける。個人的には、トップウオーターゲームで、ダイナミックに襲い掛かるシイラの迫力を味わってもらいたいところだ。

【効果的なルアーの動かし方】

「シイラではルアーを速く動かすことが大事だ」と思っている人が多い。それがハイギアのリールを選択してしまう要因なのかもしれない。

ビギナーはリールを早巻きして、単調なアプローチしかしていないことが多い。もっとも大切なのは「ルアーにアタックさせる間を与える」ということだ。

「速く誘う」のは半分正解。速く動かしている最中に、一瞬ピタッと止める動きを入れたり、その逆に、ゆっくりと動かしている最中に急に逃げるように速く動かしたりすることが大切なのだ。

ルアーのポテンシャルを最大限に引き出してあげるようラインスラックをしっかり取って、アクションを付けることができれば、魚はアタックしてくる。「リアクションバイト」と言われる食わせ方だ。

大物釣りを目指そう

説明しきれていない点は多いが、上級者にアドバイスがもらえるチャンスがあったら活用して技術を身に付けてほしい。そうすれば次なるステージ「ルアーマグロ」の舞台に立てるはずだ。

キャスティングで狙う『シイラゲーム』初心者入門 相模湾シーズン到来シイラのオフショアで大物釣りに応用しよう(提供:週刊つりニュース関東版 野呂 昌明)

まだまだ楽しめる相模湾のオフショアゲーム。シイラの群れが続々と入って来るし、マグロはもちろん、カツオや青物など、多彩なターゲットも有望。

この記事を参考に、オフショアゲームを楽しんでもらいたい。

<週刊つりニュース関東版 野呂 昌明/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。