『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット

夏は岸の近くを青物が回遊する事が多いため、関東エリアや静岡の有名サーフには釣り人がズラリと並ぶ。メタルジグなどのルアーを使った、人気のショアジギングをする人が多いが、よく見ると、投げ竿で仕掛けを遠投し、ただ巻きメインで青物を釣っている人達もいる。それが今回紹介したい弓角を使用したサーフトローリング釣法だ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai
Wataru_Nagai

初めまして、永井航です。現在は静岡市を中心にショアジキングをはじめとする様々な釣りを行っています。楽しい釣りライフを一緒に送りましょう!

×閉じる

その他 お役立ち

釣り方の基本はただ巻き

基本はただ巻きだ。その日の状況や魚種によって巻く早さを調整したい。長いハリス分があるため、フォールやジャークといったアクションをするとコントロールが難しい上に弓角が回転しないケースも考えられる。

そもそも弓角はただ巻きで最も力を発揮する。トレーラーで波しぶきを立てることができるため、表層に魚がいるときに弓角はその威力を存分に発揮する場面が多い。

もちろん中層や底層でも問題なく釣果をあげることができる。魚がヒットした場合、そのまま巻き続けることで巻き合わせになるため特に合わせは必要ないだろう。不安な時や魚種によって軽く合わせを入れれば問題ないはずだ。カマスやタチウオ、サゴシといった歯の鋭い魚がいるときは度々ハリスのチェックを忘れずに。

サーフトローリングのメリット

ジグは飛ばすためにはより重量のあるジグを使うことになるが、サーフトローリングはトレーラーの重量次第なので弓角の本体には影響がない。つまりジグより遠距離を探れるのにマイクロベイトを食べる魚に対してマッチザベイトのルアーを使えるのが大きな利点だ。

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲットまさにマッチ・ザ・ベイト(提供:WEBライター・永井航)

デメリット

弓角がジグに劣る所は青物に有効とされる縦の動きを演出しにくいところだろう。またベイトが大きい時はジグに軍配があがる。

ハリスが長い分食いが立つと手返しが悪い。などがあるが、最も大きなデメリットは大型青物がヒットするとハリス分があるためテンションが抜けやすくやり取りがしにくいところだ。

そして弓角の強度面の問題で大型青物とやりあうのはオススメできない。だが、マイクロベイトを食べている青物に対してはこのデメリットを遥かに凌駕するメリットを持っている。

弓角持っておいて損はなし!

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲットもしものときに役に立つ(提供:WEBライター・永井航)

弓角は本体も安価で釣り人なら馴染みの深いジェット天秤を使うなど入手難度も操作も容易い。

ジグで釣れない場面で1人勝ちすることも非常に多いため、次回の釣行からは弓角をタックルケースに忍ばせることをオススメしたい。

私の地元では早朝にサーフトローリングを楽しんだ後、そのまま仕掛けを変えてシロギス釣りを楽しむ人もいる。それくらい簡単な仕掛けだ。

弓角は構造が非常に簡単なため自作も可能だ。機会があればそちらにも挑戦してみると面白いだろう。

<永井 航/TSURINEWS・WEBライター>