伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「マッシュで大型を狙う」。今回は伊藤がよく使うエサの銘柄と性質や特徴、使い方などについて考える。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ブレンドエサの利点とは

前回では「どうやら大型を狙うならマッシュ系エサのほうが適しているようだ」と言う話で終わっています。まあその是非は別として、取りあえずはマッシュを使うことを前提に、今後の話を進めていきます。

では伺いますが、そこまでマッシュにこだわるなら、なぜマッシュポテトの素練りを使わないのですか?マルキユーには製品品質が通年安定したマッシュポテト徳用という素晴らしいエサがあるのに。

伊藤 さとし

「そこは好みの問題かもしれないよ。ボクの場合はどちらかと言えば、しっかりネバリの出るタッチを軟らかくして使いたいほうだから、マッシュポテトとマッシュダンゴは常にセットで使っている。マッシュダンゴを使うと簡単にネバリが出せるからね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第3回】簡単にネバリを出せるマッシュダンゴ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

うーん……、そこがよく分からないんですよね。マッシュポテト単品だって練れば強烈なネバリが出ると思うのですが?

伊藤 さとし

「それはかなり練ればの話でしょ。マッシュダンゴブレンドのほうがはるかに練る回数が少なくて、エサをタナまで持たせられるようになるはずだよ。そもそもマッシュダンゴは初心者でも使いやすい(ナジませやすい)ように作られているのだからね」

 

なるほど。練る回数が少なくて済む=多少でもボソっ気が残る。そういうことですか?

伊藤 さとし

「ボソはあまり気にしてないけど結果的にはそうなるのかもね」

 

であればマッシュダンゴ単品でもいいのでは?

伊藤 さとし

「それもありだけど、そうなるとマッシュダンゴの袋を相当数バッグに入れていかないと一日分が持たなくなってしまうでしょ」

 

つまりマッシュポテトはかさ増しの役目もあると?

伊藤 さとし

「言い方は悪いけどそれはある。とにかくこの釣りは大量のエサを消費するから、内容量が多いマッシュポテト徳用があると助かるんだよ」

 

麩エサをプラス

この2種でエサを作るなら両マッシュと表現できます。しかし、伊藤さんがよく使われるのはマッシュ系両ダンゴ。つまりはこの2種にプラスしてカクシンやら凄麩やらを入れてます。なぜですか?

伊藤 さとし

「亀山湖・片倉ダムの舟釣りに限ったことなんだけど、麩系エサを全体量の2~3割ほど混ぜたほうが、集魚剤ゼロのエサよりもいい成績が残せているからだね。他の釣り場では、これでは通用しない所もあるけどね」

 

常に麩エサをブレンドしますか?

伊藤 さとし

「スタート時はね。それで様子を見て、あまりにもジャミが多いようなら藻べらなどの集魚成分が弱い麩エサにチェンジすることもあるよ」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第3回】凄麩は集魚と開き具合(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり麩エサは魚を寄せるためですか?

伊藤 さとし

「第一はね。あとはマッシュポテトだけでは補えないバラケ性が必要な時もよく使うね。むしろ麩系エサを使うのは集魚よりもこっちの意味合いのほうが強いかもね」

 

バラケ性ですか。確かにマッシュポテト単品をバラけさせようとするとエサを持たせるのに苦労しがちですから、それを麩系に担当してもらうという考え方ですね。

伊藤 さとし

「そうなるね。あとはやはりタッチかな。コシのあるシコッとしたタッチを出すのにも麩系エサが入っていたほうがやりやすいからね」

 

マッシュは経時変化に注意

ところで、よく使用する麩系エサは?

伊藤 さとし

「今ならカクシンとか凄麩。あとは藻べらとかBBフラッシュとかもあるかな」

 

作り方は一緒練りですか。それともマッシュ系を先に水で溶いて、それから麩系を混ぜるパターンですか?

伊藤 さとし

「後者が多いかな。それよりもマッシュエサを使う場合は、経時変化を気にしたほうがいい」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第3回】カクシンでタッチを調整(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

確かに!すぐにネバリが出てきてしまいますからね。

伊藤 さとし

「ネバリが出るのが必ずしも悪ではないけど、不必要なネバリは出てほしくない。だから使う分だけ小分けして、あとは直射日光や風がなるべく当たらないよう工夫したほうがいいよね。そうでなくとも今の時期は、高温ですぐにエサが水分を失ってしまうからね」

 

そうなんですよね。それを手水で補うのはいいけど、そうやってエサに触れるほど余計なネバリが出てきてしまう。マッシュって本当に厄介なエサですよ(笑)。

伊藤 さとし

「まあでも、麩系にはない魅力があるのも間違いないけどね」

 

次回も「マッシュポテトで大型狙い」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
亀山湖
取材協力:亀山水産センター TEL=0439(39)2974
この記事は『週刊へらニュース』2022年8月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。