『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット

夏は岸の近くを青物が回遊する事が多いため、関東エリアや静岡の有名サーフには釣り人がズラリと並ぶ。メタルジグなどのルアーを使った、人気のショアジギングをする人が多いが、よく見ると、投げ竿で仕掛けを遠投し、ただ巻きメインで青物を釣っている人達もいる。それが今回紹介したい弓角を使用したサーフトローリング釣法だ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai
Wataru_Nagai

初めまして、永井航です。現在は静岡市を中心にショアジキングをはじめとする様々な釣りを行っています。楽しい釣りライフを一緒に送りましょう!

Wataru_Nagaiの担当記事を読む
×閉じる

その他 お役立ち

サーフトローリングとは

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット弓角(提供:WEBライター・永井航)

『弓角』とは、日本生まれの疑似餌を指す。主なターゲットは小~中型の青物を中心とするフィッシュイーター。

メタルジグなどを使ったショアジギングでは食ってこないが、サーフトローリングでは連発なんて状況も実はよくあることだ。釣り方もとても簡単で、投げ竿を使い、トレーラーと呼ばれるオモリの先に弓角を付けて遠投し、表層をただ巻きするのがキホンだ。

弓角とは

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット弓角(提供:WEBライター・永井航)

弓角は、三日月型のプラスチックに針が埋め込まれた構造をしている。側面から見ると湾曲しており、湾曲部が水を受けて、弓角の先端を中心にプロペラみたいにクルクルと回る。これが魚を誘惑する弓角のアクションだ。

元々は牛の角やクジラの骨等の天然の物で作られていたが、現在では安価なプラスチック製の物が主流。色は赤やピンク、オレンジ、青、緑、白、透明等色々なものがある基本的にはピンク、青、白もしくは透明があれば事足りる。

大型の弓角もある。

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲット大小比較(提供:WEBライター・永井航)

タックル

405〜425㎝の投げ竿が標準的で錘負荷が25〜33号程度の投げ竿が扱いやすく一般的だ。シロギス専用リールでも良いがドラグ付きリールの方が安心。カゴ釣り用の大型スピニングリールにPE1.5号程度が飛距離と強度のバランスが取れて良いだろう。ナイロン等を使う場合は4〜5号程度に力糸。

トレーラー

『弓角』使ったサーフトローリング釣法初心者入門 ただ巻きで青物ゲットジェット天秤(提供:WEBライター・永井航)

弓角自体は重量がとても軽いため、単体では飛距離が出ない。そこでトレーラーと呼ばれる錘を着けて遠投する。

トレーラーといっても一般的なジェット天秤を使う人がほとんど。浮き上がりが早く、アーム部がある程度太いので強度面でも最も安定しているからだろう。

また、マウスや金魚と呼ばれる専用のトレーラーもあるがシルエットが大きいため飛距離が出にくい。そのため使う人は少ないが、疑似ナブラを作る水飛沫をあげやすいためひとつくらいは持っていても損はないだろう。ちなみにこちらはフローティングとシンキングの2種類がある。

仕掛け

仕掛け部分に関してはシロギス仕掛けをイメージするとわかりやすい。天秤以下をシロギス仕掛けからハリスと弓角に変えるだけ。

ハリスは弓角に取り付ける。ハリスの太さは対象魚に合わせて4〜7号位を使い分けると良いだろう。 長さは1.5〜3m。短すぎるとミチイトとハリスが絡まりやすくなるため注意が必要。

また、短いと魚が弓角を追いきれなかったり、トレーラーが見えて警戒するというケースも考えられる。ハリスを弓角の穴に内側から外側に通し、八の字結びなどでコブを作り抜けないようにする。不安な場合や糸の太さによって何回か八の字結びを行いコブを大きくすると安心だろう。

もちろんルアータックルでサーフトローリングをする事もできる。普段のままでジグから弓角仕掛けに変えるだけで問題ない。筆者は、シーバスタックルやショアジキングタックルなどでサーフトローリングを楽しんでいる。

その場合はハリスの長さが短かくなりすぎないように調整することを忘れずに。

 

次のページでサーフトローリングの釣り方を解説!