絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】

絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】

今シーズン絶好調の東京湾のマダコ。7月23日(火)、東京湾川崎のつり幸に乗船。テンヤとエギの両方で次々ヒットし、釣果は本命マダコ20尾に。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

つり幸にてタコ釣り

東京湾川崎のつり幸では好調ぶりを示すように平日ながら2隻出し。出船前に手釣りの人はカニエサ付きのテンヤとシブイトのセットを借りて(根掛かりなどでロストした場合は¥1000)準備万端。

クーラーひとつで釣行できる気軽さと、夏休み期間ということもあり、親子連れや夫婦などの姿も多い。

最初のポイントは一見なんの変哲もない水深10m未満のオープンエリア。岸壁や消波ブロック帯などストラクチャーの釣りとは違い、左右どちらの釣り座でも均等にチャンスがある。

絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】子供たちの夏休みの思い出に(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

エギにもテンヤにもヒット

「根掛かりは少ないのでエギの人はふたつぐらいつけてみて。」と船長から声が掛かり開始。

竿でのエギ、手釣りのテンヤどちらもさっそくアタリがあり、2枚貝を巻き付けたマダコが抜きあがる。

金澤竹彦さんと元気いっぱいの陸人くん親子と、おともだちの遠藤孝一郎くんは、竿とテンヤを代わり代わりに使って楽しみ、さっそくどちらも本命キャッチ。

絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】手釣りでマダコをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

その反対舷の森さんは、エギで狙い早くも連発モード。右舷トモの末永さん夫婦は、自作仕掛けでお互いサポートしながら順調に数を伸ばす。

絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】良型にニッコリ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

手釣りはアワセが肝心!

左舷トモ側の松延晃さんは、エギで狙いアタリを逃さず、お手本のような力強いアワセでがっちりフッキング。アワセが弱かったり、中途半端だとバレやすいので、竿釣りの場合は硬めの竿でしっかりアワせる。手釣りの場合は腕をいっぱいに伸ばして体全体でハリ掛かりさせるのが基本。

絶好調の東京湾マダコをテンヤとエギで狙って20杯【神奈川・つり幸】力強いアワセでキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

船着き場へと戻りながらストラクチャー周りなども狙いダメ押しの追釣もあり、4~20尾で下船。当たり年のマダコで今年の夏の思い出はいかが?

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
つり幸
エリア:東京湾(横浜)エリア
出船港:川崎

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。