ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】

ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】

7月6日、一応レインスーツを持って名古屋市港区潮見橋周辺へ向かった。名古屋港で、クロダイ&ロックが活況とのこと。年無しクロダイや良型キビレがヒット。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋市港区潮見橋周辺へ

ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

午後8時少し前に現地に到着。

今夜はループモスキートと、TGグレネードの組み合わせでクロダイ狙いオンリーだ。

潮周りは中潮、満潮午後9時11分239cm。ポイントに着いて水面を確認すると、雨風の影響でゴミがかなり流れている。

ボラの群れを回避しながら3.5gのシンカーをセットして撃ち歩くが、ボラの群れがいてなかなか思うように釣りができない。

しばらくして岩田氏と森田氏も合流。

各自バラけて釣りをするが、クロダイからの反応はなし。潮の流れもなく沈黙が続く。

50cm級クロダイヒット

ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】岩田氏は真っ黒な50cm近いクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

下げ潮に変わるが潮が動かない。風も強くなり釣りにくくなってきたが、タイミング的には良さそう。だが釣れたのは岩田氏の巨ボラのみ…。そして状況も悪く、河口付近へ移動する。到着するとエサ釣り師が数人いたが、空いているスペースで開始。

1時間ほど経過した時に、岩田氏に待望のヒット。またボラかと思いきや真っ黒な50cm近いクロダイだ。そしてエサ釣り師もほぼ同時にクロダイを釣っていた。

時合い突入かとテンションが上がるが、それっきり何も起こらず。エサ釣り師が退散すると同時に、私たちも次のポイントへ移動する。

40cm級キビレも追加

ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】キビレまでキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

風が強くなってきたので、ラストポイントのゴロタ&敷石エリアへ向かう。

森田氏は根魚狙い、私と岩田氏はクロダイ狙いで釣り開始。すると早速またしても岩田氏が40cm近いキビレを釣ってきた。しかも1投目だそうだ。

ヒットルアーはちびチヌヘッド3.5g+ガルプインチホッグの組み合わせだ。

私には根魚のバイト多発。ここで日付が変わるくらいに根魚をたくさん釣った森田氏と別れ、クロダイの反応もなくなってきたのでロックにシフト。敷石エリアへ移動する。

良型カサゴも好調

私のリグは変わらずでループモスキート&TGグレネードだが、シンカーを0.9g、1.8gに変更。ジャッカルグッドミールクローをセットし、ブレイクを中心に軽くリフト&フォールとステイで探ると、今回は良型が連発してくれた。

ナイトチニングで50cm級クロダイに40cm級キビレ【潮見橋周辺】今回カサゴは良型がそろった

相変わらず根魚は飽きない程度に釣れてきてくれるが、根も露出してきたところで終了とした。食べてもおいしい根魚だが、必要以上に持ち帰らず小さいサイズはリリースしていただきたい。

1人1人がルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋市港区潮見橋周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。