大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】

大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】

大人気のスーパーライトジギング(以下SLJ)、本命とされているのは今が旬のイサキだが、根魚や青物、マダイなど五目ジギングの要素が強い。ヒット数が断然多くなり、アンチストイックなアングラーにはたまらないジギングなのだ。6月以降SLJメインで出船している愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸では、イサキこそ少ないものの多彩な釣果でにぎわっている様子。そこで7月3日に同船を訪れ、大山沖でのSLJを楽しんだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

隆盛丸で大山沖SLJ

午前5時すぎに出船し、伊良湖水道を抜けて一路大山沖を目指す。当日のメンバーは水曜日の常連であるマニア田中さんに神谷さんら総勢5人。1時間半で最初のブロック漁礁に到着した。

海況はナギで潮もさほど飛んでおらず、釣りやすそうな感じだ。水深は30mちょい。ハヤブサのジャックアイTG40gをセットし、中層までを丹念に探っていく。

大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】実釣の様子(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

五目ジギングの要素が強いとはいえ、やはり旬のイサキを釣りたい。フォールを意識して大きめのシャクリを入れた後、軽くテンションをかけた状態でフォール中のバイトに集中する。

だが潮が動かないせいか、アタリが乏しい。何度か流し直していると、ポツポツながら船中でヒットがあり、45cmほどのヒラメやオオモンハタなどが上がり始める。だがどうも単発だ。

大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】ヒラメはダブルヒットもあった(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

カツオ期待もサゴシで・・

ボトム付近を集中的に攻めればもっとヒット数は増えるのだろうが、皆イサキがほしいので中層までを丁寧に探っているのも、渋い原因の1つのだろう。

それでもポツポツながらホウボウやチダイなどもヒットし始め、周りにはベイトらしきモジリも見えるようになってきた。と、ここで射程圏内にボイル発生。その様子からカツオかと船内は色めき立つ。

ここで私が素早くスピニングタックルで、ジャックアイTG30gをフルキャスト。うまくボイルの向こう側に着水したと思ったら、魚が姿を現してジャンプ。その姿はカツオではなく、なんとサゴシだ。

慌ててジグを回収しようとしたが、時すでに遅くすっぱり切られたリーダーだけが戻ってきた。貴重なタングステンジグを失ってしまった…。

本命不在もにぎやか釣果

だがその後も船内ではビッグサイズのホウボウや良型カサゴのヒットもあり、にぎやかになってきた。結局終わってみればやっぱり10目以上の多彩な釣果。本命と目されるイサキの姿はなかったものの、その前後には釣れており、イサキだけに関していえばこの日は谷間だったようだ。

大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】釣れたオオモンハタを手に(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

隆盛丸では7月いっぱいはSLJ、8月以降は通常ジギングをメインに状況を見ながらSLJに、といった形になりそうだ。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
隆盛丸
エリア:三河湾エリア
出船港:知柄漁港

大山沖『SLJ』でハタやヒラメなど多彩 まさに五目ジギング【隆盛丸】
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。