阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】

阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】

こんにちは、阪本智子です。6月11日(火)。関東地方は数日前に梅雨入りして、この日の天候も曇りでした。前日の大雨の影響が気になるなか、2年ぶりのマゴチ釣りに行ってきました。お世話になったのは東京湾金沢八景の一之瀬丸

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まずはレクチャーから

前アタリ~掛けるまでの駆け引きが面白いですよね。日によっては、すごく難しく、釣果ゼロがある釣り。少し緊張します。とりあえずの目標は1尾釣り上げること。出船前、船長にしっかり釣りかたを教わりました。

阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】レクチャーを受けている様子

当日のマゴチ釣り方

7時すぎに出発。ひとつ目のポイントは港から15分ほどの八景沖。水深は20m前後で、風が強く、船はかなり揺れています。

ここは潮がゆるかったので、ハリスを20cmほどカット。マゴチは目が上に付いていて、サイマキが横を泳いでも気が付かない。見付けてもらえる位置にエサが泳ぐように、潮の速さによって長さを調整します。

オモリが海底に着いたらイトフケをとり、1m上げて待つ。そして、こまめにタナ取り。20秒に1回やっているとかなり忙しいです。

阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】新型リール・バルケッタプレミアム

船中ファーストヒットはイカ

開始早々、隣の人にヒット!マゴチは1カ所に集まっていることが多いのでチャンス!すると、ヌンッとしたアタリ。

ヌン?これは本命じゃなさそうだぞ。上げてみると水面までイカが付いてきました。マゴチ釣りのゲストあるあるです。

阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】タックル例

筆者にもシリヤケイカ

しばらく黙々とやっていると、私にも本命らしい小さな反応。すぐに穂先を下げてゆっくり聞き上げます。まだ、アタリは弱弱しい。また下げて聞き上げる…まだ小さい。下げて上げてを1分くらいくり返しましたが、反応は大きくならない。アワセのタイミングが分からない。そうしている間にいなくなっちゃった…。

船長いわく、どんなサイズも30秒で片を付けないといなくなっちゃうらしい。残念。

気持ちを切り替えて続けていると、またふわふわとアタリ。竿先を下げて聞き上げるとまだふわふわ。竿を立てて巻き始めるとグーッと重さが乗りました。グーグーと引っ張るような引きが続きます。そう、シリヤケイカでした。本命ではないけれど、ひとまず釣果がでて嬉しかったな。

阪本智子が2年ぶりの船マゴチに挑戦 粘りの釣りで本命2本【一之瀬丸】シリヤケイカが登場

次ページでいよいよ本命登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。