釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介

イカ釣りと言えば、釣果で楽しむ「イカの沖漬け」。コレがまた格別。最近では、沖漬けを食べたくてイカ釣りにいっているくらいです。さて今回はイカの沖漬けにおすすめの醤油2選と作り方を紹介します。

Shinchan
Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

Shinchanの担当記事を読む
×閉じる

その他 お役立ち

沖漬けとは

そもそも沖漬けとはアジやキス、イカなどを醤油に漬け込んだ料理を指します。

その中でも、イカの沖漬けとは、文字通り沖で漬けるものを指します。もともとは、イカ釣り船に漬けタレを持ち込み釣れた先から生きたままイカを放り込んで漬けていました。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介イカの沖漬け

生きたまタレに漬けることで、イカが醤油を飲み内側からもよく味が付き美味しくなります。1日目は、イカの鮮度がまだ高く、刺し身のような味と食感を楽しめ、2日目、3日目と日が立つにつれ、味が染み渡り1日目とは違った美味しさになります。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介しっかり染み込んだ3日もののイカ

おすすめ沖漬け専用醤油

さて今回は、そんな釣って楽しく食べて美味しいイカの沖漬けについてご紹介します。先ずはおすすめの醤油2選。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介沖漬けの醤油

まず漬け込むお醤油ですが数年前まではだし醤油や麺つゆが定番でした。

近年ではイカの沖漬け専用醤油が各社から発売されています。

中原醤油店

私のお気に入りは「中原醤油店」のその名も「イカの沖漬け醤油」です。

中原醤油店は大正6年創業の伝統のある鳥取県のお醤油屋さんで、イカの沖漬け醤油は釣り好きな社長さんが自ら開発されたお醤油です!

また後ほど漬け方をご紹介しますが二度漬け専用のものや太刀魚のみりん漬け専用のもの、今年の新商品、「イカ専用調味料」などバラエティに富んでいます。

ワンポイントとして沖漬け専用ですがお造りのさしみ醤油として使ってみると甘みのある絶品な味が楽しめます。

旭醤油醸造場

次にご紹介するのが「旭醤油」です。愛媛県で明治15年に創業されて代々伝統の味を受け継がれ建造物は有形文化財にも指定されている老舗のお醤油屋さんです。

昨年の7月豪雨で被災されてしばらく休業を余儀なくされていましたがようやく販売を一部再開されたようですね。

特徴は醤油に味噌、ニンニクだれに味噌にんにくと豊富な味が楽しめるところです。

沖漬けの作り方(レシピ)

ご紹介した専用のお醤油やタレを使ったイカの沖漬けの作り方は、諸説ありますが今回は「中原醤油店」が推奨されている作り方をご説明します。

①釣れたてのスルメイカやケンサキイカをZiplocなどの液漏れしない袋に数杯入れます。

②すかさず沖漬け醤油をイカが入った袋に投入します。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介釣ったらすぐ投入

③イカが勢いよくお醤油を吸い込みます。(イカが醤油を吸い込む事で醤油が身に染み込みます)

④そのまま持ち帰り一晩寝かせます。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介投入直後の沖漬け

ここでワンポイント
イカは醤油を吸い込むとともに墨を吐くので袋の醤油を捨ててタッパーなどにイカを移し、新しい醤油を投入します。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介二度漬けで更に美味しく

(二度漬け醤油があればベスト)

⑥冷蔵庫で6時間程度冷やします。

好みにより2~3日漬け込む場合もあります。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介3日間漬けのもの

⑦漬かり終わったらワタ(内蔵)や目を取り洗わずに適度なサイズにカットして盛り付ければ完成です。

残った沖漬けは小分けにして冷凍しておけばお好きな時に食べる事ができます。

あとケンサキイカイカやムギイカ(スルメイカの若イカ)などは大丈夫ですがスルメイカはアニサキスに要注意です!対策として漬け終わった後24時間冷凍すれば大丈夫でしょう。

釣り人の特権『イカの沖漬け』の作り方 おすすめ専用醤油2選も紹介お刺身醤油にもおすすめ

今回はイカの沖漬けのご紹介をしましたがいかがでしたでしょう?

これからのイカメタルシーズン、しっかりお土産確保してお造りや沖漬けなどで釣った後も是非楽しんでください。

<宮野伸一/TSURINEWS・WEBライター>