ライトロックゲーム 極細タックルでシーバスも【愛知県・名古屋港】

4月半ば、今回もライトゲーム全般に使える イシグロオリジナルブランクLOGIGEAR(ロジギア)で作成したオリジナルロッドを持って陸っばり釣行だ。久しぶりにやり込める時間ができたので、まずはメバルプラッギングで愛知県弥富市の名古屋港西3区へ向かう。いつもの仲間はそれぞれ別の場所で釣りをして、最終的に合流するプランだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港でライトロックゲーム

潮回りは小潮干潮午後6時34分55cm。ちょうど上げが効いてくる午後9時ごろに現地着。ここで森田氏が合流してポイントへ向かう。

しかし思いのほか向かい風が強い。まだ水深は浅く水面は風で波立っているので、一応プラグを試してみるが 予想通り無反応。風が収まるまで、ボトムでメバルと根魚を狙った。

ボトムでタケノコメバル

使用ルアーは1.4gのジグヘッドにメバル用ストレート系のラビットや熟成アクアで、ボトムやボトムスレスレをスイミング気味に誘ってみる。フォール中に先にカサゴが釣れてしまうことも多々あるが、これはこれで連発するので面白い。

フォールバイトがなければ、今度はゆっくりボトムスレスレをスイミングさせるイメージで巻くと、良型のタケノコメバルも顔を出す。メバルは釣れないが面白い。

まずはタケノコメバル

風が収まるまでしばらくワームの釣りを楽しむが、一向に風が弱まる気配がないので、2時間ほどで次のポイントへ移動した。

潮見橋でメバルプラッキング

ここで同じ西3区方面でクロダイを狙っていた岩田氏が合流。なんと51cmのクロダイを仕留めたらしい。

年無しクロダイ

今度は名古屋市港区の潮見橋周辺へ。

こちらは河辺氏がクロダイを狙っているが、尺近いカサゴが釣れたのみでクロダイの反応はないとのこと。水位も上昇してきているようで、ゴロタや石積みも隠れているのでここでも再びメバルプラッギングに挑戦する。

シーバスのボイルと同時にたまに小さい波紋も出るので、メバルかと期待を膨らませるがやはりセイゴが釣れてしまう。

極細タックルでシーバス

ストラクチャー絡みの明暗部でメバルらしき波紋が見えたので、ワームに付け替えキャスト。すると明らかにメバルとは違う引き。

ラインPE0.3号、リーダーはフロロ4ポンドなのでヒヤヒヤしながら無事シーバスをネットイン。ワンピースならではのベントカーブに高弾性のロッドなので、多少魚が大きくてもしっかりといなしてくれた。

極細ラインでシーバスヒット

次のページで根魚に切り替え