玄界灘イサキ釣行で本命40尾 まさかのフエフキダイのダブルヒット!?

4月半ば、福岡県宗像市大島の明石丸にお世話になり、玄界灘の春イサキを狙って釣友たちと釣行した。

福岡県リアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

沖ノ島南側でイサキ釣り

今回のメンバーは小野田さん、木下さん、大仁田さんと私の4人。

神湊港から、まだ薄暗い午前5時に私たちを含めた乗船者8人で、沖ノ島沖を目指して、いざ出陣!

大島沖に出ると海域の波も穏やかで風も微風程度で、絶好の釣り日よりだった。そんな穏やかな海を航行し、夜明け前の6時45分に沖ノ島南側の水深65mラインに到着した。

そして数分後に船長の指示で、乗船者全員で水深チェック(釣りダナの合わせ)の実施で、65mならオーケーだった。これはメンバーにとっても非常に大事で、それからまきエサのバラつき(拡散)防止の狙いでもあった。

これを実施した後で船は5分ほど移動し、7時に船長から「55mです」と釣り開始の合図がでた。仕掛け投入のタイミングは、メンバーたちとほぼ同時だった。

タックル例

早々にダブルでヒット

そして仕掛けが水深54mをすぎると、早々に小気味いいアタリがでた。素早く手巻きで1mほど上げると、さらに強くサオ先をたたく。仕掛けを慎重に回収すると、イサキの26cmと28cm級がダブルでヒットして、ついニンマリ顔になった。
幸先がいい。

また、船尾の小野田さん、船首の木下さん、大仁田さんら3人のサオも大きく曲がっていた。

イサキをお披露目

ダブルヒットで効率よく追釣り

魚群探知機の反応を見ながら船は点々と移動を繰り返しての釣りで、そんな中で私はイサキ23cmと33cm級のダブルヒットが3回、単発ヒットが2回で、計8尾キープすることができた。

28㎝級をゲット

次のページで最終釣果発表