フカセ釣りでチヌ&マダイ 海水浴場沖はフカセ天国?【須磨一文字】

フカセ釣りでチヌ&マダイ 海水浴場沖はフカセ天国?【須磨一文字】

5月6日、長いゴールデンウィークの最終日に神戸・須磨海岸沖の一文字へ釣り仲間6人でチヌを狙いに向かった。近隣では乗っ込みシーズン最盛期を迎えているなか、なぜかここはフカセ釣りの人も少なく釣れている情報はなかったが…。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

『全層釣法』で攻める

この一文字も一昔前は近隣と同じく、型も数も申し分ないポイントだった。とりあえず、まきエサを作り仕掛けをセットする。

フカセ釣りでチヌ&マダイ 海水浴場沖はフカセ天国?【須磨一文字】当日上がった一文字

今回使用するのは1号5.3mの磯ザオにリールは2500番のレバーブレーキ付きをセット。仕掛けは、ミチイト1.75号、ハリスはテトラ際から攻めるため1.5号を使用した。この日の潮は大潮ということもあり、ガン玉調整がしやすいG2負荷の円錐ウキでの全層釣法で攻めてみる。

目の前の「ヨレ」で40cmチヌ

まずは1投目、やはり大潮ということもって流れが速い。早速ハリスにG5のオモリを追加するといい感じで仕掛けがなじんでいった。

そして5、6投目ぐらいだろうか、左から右へ流れる潮とテトラに跳ね返った潮の影響で、ちょうど目の前にヨレができた。そこへ仕掛けを投入してすぐにアタリ。

すかさずアワセを入れると、一気に底へ向かって突っ込む締め込み、ロッドワークでかわして浮かせたのは40cmクラスのチヌだった。

50cmマダイも!

時合いが来たのか、少し離れた場所でサオを出していたメンバーも大きくサオを曲げている。隣に入ったメンバーもようやくアタリが出て、大きくサオを曲げていた。状況を見に行くと、50cmクラスのマダイだ。

フカセ釣りでチヌ&マダイ 海水浴場沖はフカセ天国?【須磨一文字】釣友にマダイ

ここ須磨一文字は潮通しがよく、大型のマダイや時期によるが青物も狙える絶好のポイントでもある。また、シーズンにはアオリイカもよく釣れるという情報も聞く。

私も可能性を求めてすぐさま、仕掛けを入れて攻めるが、エサ取りのアタリが続き、なかなか本命に出あうことができない。さしエサをネリエサからコーン、加工オキアミとローテーションするも本命のチヌからのアタリがこない。ここで潮がわりまで小休止とした。

潮がわり後に強烈なヒット!

そして、先ほどまで左から右に流れていた潮が、右から左へとかわった。早速まきエサを打ち、仕掛けを入れる。

するといきなりウキが消し込むアタリ。アワセを入れロッドを立てるが、締め込む力が違う。ロッドワークで対応するが、ここで痛恨のラインブレイク。

フカセ釣りでチヌ&マダイ 海水浴場沖はフカセ天国?【須磨一文字】強烈な引きをためる

その後仕掛けを何度も投入するが、アタリはなく午後3時に納竿とした。

今後の展望

そろそろ産卵期に入ると思われるが、チャンスはまだまだある。またこれから梅雨に向けて、グレが釣れ出すので、また足を運んでみたいものだ。

<宮崎博之/TSURINEWS・WEBライター>

▼この渡船について
福田渡船
所在地:兵庫県神戸市須磨区