大山沖アジ釣りクーラー満タン 4点&5点掛け連発【愛知県・七福丸】

4月末、愛知県・南知多町師崎港の七福丸に、大山沖の大アジ釣りで出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大山沖でコマセ釣り

午前6時に出船したが、霧のため1時間ほど港の前で待機となり、1時間遅れで大山沖へ向かい8時30分に到着して、早速釣り始めた。

私の仕掛けは、サオは1.8mのボートロッド、リールはアブ7000C、小型カゴ、オモリ80号、ハリス2号のグリーンスキンサビキ自作6本バリで始める。コマセはアミエビ、さしエサは持参したイカ短を使用した。

タックル例

高活性のサバに苦戦

指示ダナは底から5m前後。底を取り、ゆっくり誘い上げるとすぐにアタリ。アジのようだったので追い食いを待ち、上げてくると途中でサバが食って、上がってきたのは35cmオーバーのサバのトリプルだった。

この日は潮が速く、1流し1回だったのですぐに用意して合図とともに投入。タナを取るとすぐにアタリ。しかし、また途中でサバ。今度はダブルで、その次も途中でサバにやられたが、35cmほどのマアジと45cmオーバーのサバのダブルだ。

ポイント移動でアジ4連掛け!

このパターンがしばらく続いたが、アジの食いがいまひとつで、サバが多過ぎるので大きく移動。今度は水深70m前後で、タナを65mまで上げるとすぐにアタリ。

上げたのは25cm前後のマアジの4連だった。

4連掛けに成功!

投入すると、すぐにアタリ。今度は単発だが25cmほどのマアジ。

多点掛け連発で絶好調

これでタナが分かり、65m前後で丁寧に探るとすぐにアタリ。入れ食いになってきて、待っていると追い食いした。しかし、次の瞬間に穂先が突っ込み、あっという間にハリス切れ。気を取り直して投入すると、すぐ食ってきた。待っていると追い食いしてマアジの5連だ。

すぐ投入すると、またもアタリ。今度はなかなか追い食いせず、待たずにすぐ上げると30cmほどのマアジだった。少しアタリが遠くなったが、タナを下げるとアタリが出るようになり、今度はマアジのトリプル。その次は4連と、また絶好調になってきた。

じっくり追い食いを待っているとアタリが続く。上げようと思った瞬間またマアジが食われたが、それでもまだ付いていたので上げてくるとマアジのトリプルで、ハリスが1本切れていた。

次のページで最終釣果発表!