【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説

【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説

マダイ・イサキ・イナダ・ワラサ・メジナ・クロダイなど、人気の魚種でよく使われる万能エサのオキアミ。同じエサでも釣り方や魚種によってハリへの付け方は様々。付け方で釣果に大きな差が出ます。今回は動画でオキアミのハリへの付け方を解説します。

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

オキアミの付け方

狙う魚種や釣り方(船釣り・陸っぱり)によって、オキアミの付け方が変わってきます。数ある付け方の中から、船釣りで使われる基本の付け方を紹介します

【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説基本の付け方

1尾掛け

オキアミの基本の1尾掛け。

【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説

①オキアミの尾っぽの根本をハサミで切ります。

②切った尾側からハリを刺し、お腹からハリが出る用に刺し通します。

③ハリに沿って、オキアミが一直線になるように(頭がまっすぐに下向きになるよう)ハリに通していきます。

付け方のポイント:ハリを動かさず、オキアミをハリに沿って差し込んでいくようにすると、スムーズに付けることができます。

※ちなみに背掛けにするとエサ持ちがよくなり、エサ取りが多い場合に有効です。

2尾抱き合わせ

ボリュームを増やしてより魚にアピールする抱き合わせ。その名の通り、2尾お腹をくっつけ抱き合うように付ける方法です。基本の1尾掛けをマスターしたら、こちらもぜひ試してみてください。

1尾掛けよりもアピール力が増し、アタリが少ないときや大物を狙いたい時に有効です。

【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説

①2尾目の尾っぽの根本をハサミで切ります。

②1尾掛けしたハリに、2尾目の下向きにしたオキアミをお腹から刺し、尾側に向かって通します。

③2尾のお腹同士が抱き合うように、くっついて出来上がり。

※背掛けの抱き合わせにすることで、エサ持ちがよくなり、エサ取りが多い場合に有効になります。

付ける際の注意点

生のオキアミはやわらかく、くずれやすいため、優しくハリへ通すようにしましょう。船から落とす場合、エサがクルクル回転するのを防ぐために、オキアミが真っすぐになるようにつけること

また、魚にアピールさせるため、目がしっかりとついたものを選ぶことが大切です。

エサの付け方で釣果が変わってきますよ。

【動画あり】万能エサ『オキアミ』の針への代表的な2つの付け方を解説目がしっかりしているものを選ぶ

次ページで動画で解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。