ボートからサビキ釣りで狙うヒメマス タナ取りが命!【山梨県・西湖】

ボートからサビキ釣りで狙うヒメマス タナ取りが命!【山梨県・西湖】

4月下旬、山梨県にある西湖へヒメマス釣りにでかけた。当日はサビキ仕掛けで制限尾数の30尾(1日)を狙ってみた。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

西湖でヒメマス狙い

いつも大物を狙っていると、たまにはのんびりと釣りイトを垂れてみたくなる。撒きエサが禁止されているので、サビキ仕掛けにイクラかヒメトロと呼ばれるローリングで狙う。

資源保護のため、制限尾数は一日30尾まで。

ボートからサビキ釣りで狙うヒメマス タナ取りが命!【山梨県・西湖】西湖のポイント

タナ取りが重要

この釣りの難しさは、タナ取りと口が軟らかいこと。タナ取りはもっとも重要で、サクラマスが10m下からでも食い上げてくるのに対し、ヒメマスは2m違えば食ってこない。魚探でしっかりとタナを把握するか、持っていない人は竿を制限本数ならべ、タナを変えて狙う。

大きな群れに当たると4、5尾釣れてくることが少なくない。3本出した竿のすべてにアタリが出ることもある。しかし、釣果はそれほど上向かない。口が弱いので、バレが多くなるからだ。

したがって、タナが把握できて、釣れているときは竿の本数を減らし、確実に取り込むことが釣果アップにつながる。

ブイに係留が西湖スタイル

5時少し前に現地到着、ローボートを借りて湖にこぎだす。

魚探を見ながら湖央へ向かって進み、反応のあった漁協沖の水深50mの場所でブイを見つけて係留する。ボートにはアンカーが積まれていないので、各所にあるブイにつなぐのが西湖スタイル。

ボートからサビキ釣りで狙うヒメマス タナ取りが命!【山梨県・西湖】西湖の湖央の「お薄」

10分程でアタリが

前回、かなり深ダナだったので、まず底から10mほど上の魚影に的を絞る。水深40mを中心に、2m間隔に3本竿でアタリを待つ。

食い上げるアタリが多いので、オモリは15~25号、この日は風が穏やかだったので15号を使用した。仕掛けをすべて出し終えてから10分ほどすると、竿先がピクピクと反応。

やがて、オモリの負荷で曲がっていた竿先のテンションがなくなった。ヒメマス特有の食い上げてきたアタリだ。軽くアワセを入れて引き上げると18cmが2尾釣れてきた。

同時に、ほかの竿にも反応があり、15cmと20cm級が1尾ずつ。4尾を追加して「これなら制限尾数まですぐか」と、思われたが、その群れが去ってしまうと、アタリはパッタリとなくなってしまう。

竿を増やしタナを探す

魚探を確認しながらタナを徐々に上げていく。しかし、アタリはない。そこで、制限竿数の5本に増やし、タナを3m間隔に違えて探すのが私のスタイル。高価な魚探がなくても、そうすることでタナを把握できる。

試行錯誤しながらアタリがでたのは、それから1時間半後。ヘラの群れと思っていた水深8m前後だった。水温が上がったためか、前回の釣行とは違い、浅いタナで食ってきた。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。