みんなで楽しめるマテ貝掘りのキホンを解説 砂抜き不要も嬉しい!

みんなで楽しめるマテ貝掘りのキホンを解説 砂抜き不要も嬉しい!

ゴールデンウイークに突入しましたが、もう予定は決まっていますか?もし決まっていないなら、マテ貝掘りがおすすめ!家族や仲間とわいわい楽しみ、帰宅後はマテ貝のフルコース。魅惑のマテ貝掘りを紹介。

香川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

穴を探そう

まずは着がえて用意をし、潮が五分以上引いてブレイクラインが出たら開始です。浜に下りてブレイクラインに立ち、沖に向かって軽くジョレンで表面を5cmほどかいてマテ貝の穴を探します。5mm程度の楕円の穴(カニや他の貝の場合もあり)を探します。

目的が数取りなので、1個や2個ではなく数個の穴を見つけましょう。みつかったら、その付近を広く探っていきます。

塩を投入

ある程度穴が出たら、今まで表面から5cm程度かいていた砂を、そこからもう5cm深く掘ってみましょう。こうすることで穴がしっかりします。ここで塩の投入です。

掘り手から遠い場所から順番に少し多いめ(ちょっと盛る程度)に入れます。いきなり飛び出す貝、水管しか出さない貝、飛び出し過ぎて横になる貝、いったん出て引っ込む貝といろいろです。

みんなで楽しめるマテ貝掘りのキホンを解説 砂抜き不要も嬉しい!塩を入れて待つ

引き潮時は奥に入っているのか出るのに時間がかかるので、貝が出てくるまでの間に、今度は海岸線に沿い横移動で砂をかいて穴を探していき、塩を投入しておきます。そうしてから最初に塩を入れた場所で抜きにかかると効率よく探れます。

みんなで楽しめるマテ貝掘りのキホンを解説 砂抜き不要も嬉しい!穴に塩を入れよう

マテ貝の抜き方

スポッと簡単に抜けず、引っ掛っていると感じるときは、足を膨らまして我慢していることが多いです。こんな貝を一気に抜くと足が切れて食べるところがなくなるので、無理は禁物です。

この時は手を離さず軽く引っ張っておいて足が縮むのを待つか、少し押し込んで足が縮むのを待つか、軽くひねってみてください。

水管(ツクシのハカマのようなもの)が出ているだけのものは指3本で砂ごとつかみ抜いてみましょう。この時も足が膨らんでいる場合が多く、時間が掛かります。釣りと同じで大物を取り込んだような達成感が感じられるはずです。慣れてくると一度に2本つかみや両手抜きも楽しめます。

みんなで楽しめるマテ貝掘りのキホンを解説 砂抜き不要も嬉しい!どっさりゲットできるかも

潮が干潮から満潮に近くなると、貝も上に上がってきて砂を深く掘ると貝に当たる時があります。当たる回数が増えてきたら終了まじかの合図です。浅く砂をかくようにします。中洲のような場所なら上げ潮は一気に潮が上がるので注意が必要です。

次ページで食べ方を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。