春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効

春は陸っぱりからのエギングでアオリイカが狙える季節!産卵のために岸に寄ってきた大きいアオリイカも釣ることも夢ではない。今回はそんな大型の価値ある1匹をゲットするための攻略法を紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

基本的な釣り方

一般的な釣り方はキャストしたエギをボトム付近まで沈め、シャクリを入れた後のフォールで抱かせるのが基本だ。

だが、秋イカと同じような釣り方をしていたのでは親イカを手にすることは難しい。

この時期は秋イカを釣る場合のアクションよりも優しくソフトに行い、シャクリの回数を少なくフォールスピードも遅くする。長い距離を追わせずにエギを抱かせるような釣りに徹することがキーになる。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効優しいシャクり

釣り方の流れ

それでは基本的な流れをシュミレーションしてみよう。

ポイントの確認方法

まずは中規模な漁港の堤防外側に立ち、偏光グラスで海中をのぞいてみよう。

足元は水深5mで10mほど沖まで高さ約2mのホンダワラがびっしり生い茂っている。その沖には所々にホンダワラが生え、海底のシモリにはワカメとカジメが群生している。さらにその沖は急なブレイクになっており、イカの回遊ルートになっている。

キャストとアクション

釣り座でギャフ打ちができるか確認したら、まずは3.5号のシャロータイプのエギをチョイスし、沖のブレイクめがけてキャスト。

着水点の水深は約10mなので、フリーフォールで沈めると約60カウントでボトムだ。着底後2~3回ほど縦へのシャクリを入れ、テンションフォールでアタリを待つ。

これを繰り返しブレイクをクリアしたら、ホンダワラ群のエッジまではボトム付近から中層までを、小さなシャクリ&テンションフォールで探りを入れてみる。

横方向のアクション

アタリがなくエギがホンダワラ群に接近してきたら、引っ掛からないようにホンダワラの藻面(もづら)の上まで浮上させ、後は海面から藻面までの間をスローでストロークの大きな横方向のアクションを折り混ぜながらじっくり探る。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効横アクションを入れよう

エギが足元まで戻ってきたらピックアップ。再びキャストの方向を変えて狙ってみるといった具合だ。

簡単ではあるが、これが春イカを狙う基本的な釣り方になる。

スタイル

ショアエギングでは、ポイントや釣り場をどんどん移動して攻めていくラン&ガンスタイルと、回遊してくるイカを1カ所で狙い撃つ待ち伏せスタイルがある。

春の親イカの場合、ラン&ガンよりも待ち伏せで狙った方が手にできる確率が高いと思う。

これは待ち伏せすることで、その釣り場の潮の流れやベイトの動きなどの変化を感じ取ることができ、イカの回遊に遭遇することが多々あるからだ。ただポイントの選択を間違えると、丸ボウズを食らってしまうことがあるので、注意が必要だ。

ボトムを攻める

春はイカよりも藻の類を釣ることが圧倒的に多い。

これは一年の中で冬から初夏にかけて、最も海藻が成長する時期でもあるからだ。このことから、エギをロストする確立が春以外のシーズンと比べ、格段に高くなるのは当然のことだ。

高価なエギをロストするのは痛手だが、ロストを恐れてボトム付近のウイード周辺を狙うことを避ければ、春イカに出会う確率は極端に下がってしまう。

ロストを恐れずエギは消耗品だと割り切って、ボトム付近をしっかり攻めよう。

エギを通すライン

待ち伏せスタイルで釣る場合、エギを海藻に引っ掛けてばかりいると、イカがエギに警戒心を持つようになってしまう。

海藻を引っ掛けたエギを猛スピードで回収することで、イカがスレてしまうことがあるので、ウイード付近を狙う場合は、藻面をボトムだと思って海面と藻面の間のライン(タナ)を通すようにしよう。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効根掛かりを恐れず釣ろう

アクション

春イカを狙う場合、あまり激しくシャクらない方がいい。

縦方向のシャクリなら2~3回、横方向へのダートなら3~4回、スラックジャークなら2~3回を目安に、状況に合わせてシャクリの回数や幅、スピードやストロークを変えていくようにしよう。

春イカはとにかく優しく、ソフトにが基本だ。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効優しくアクション

フォール

基本イカはエギのステイ中かフォール中にしか抱いてこないが、春イカは沈下速度の速いエギは追わない。なるべくスローシンキングのエギを使おう。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効ゆっくりが基本だ

フォールさせる場合は、できるだけラインにテンションをかけたまま沈めるようにするといいだろう。アクションを入れた後は、ロッド操作でエギの沈下を抑えつつ、手前に寄ってきたら徐々にロッドを立てていき、エギが水平方向にゆっくり移動するよう操作してやるのも、春イカには効果絶大だ。

ボトムステイ

ステイは少し根掛かりのリスクを伴うが、エギをボトムにしばらく置いてやること。

これも効果絶大で、ウイードのエッジ付近の根掛かりしにくい場所があれば、30秒から1分ほどステイさせ、エギから伝わる釣り人の気配を断ち切る。そうすることでゆっくり近づいてきた大型のイカが、エギを抱き上げてくれることがある。

春アオリ狙い陸っぱりエギング初心者入門 ランガンより待ち伏せが有効勇気を出してスティ

ただしこの場合のアタリは、イカがエギを連れ去ってくれない限りラインにアタリが出ないので、シャクリを入れたら乗っていたということが多い。

次ページでランディングを解説