浅場のティップランエギング釣行で1.3kg頭に船中アオリイカ15杯

浅場のティップランエギング釣行で1.3kg頭に船中アオリイカ15杯

天草西海岸エリアで浅場のティップランエギング釣行に出かけた。1.3kgを頭に船中アオリイカ15杯と、まずまずの釣果に。前半はアタリが出せずに苦戦するも、エギの体勢を意識して本命連打となった釣行をレポート。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター米村祐次)

米村祐次

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

天草でアオリイカ釣り

2~3月と水深50mの深場で釣れていたアオリイカも産卵のために水深15~20mの浅場に寄って来て釣りやすくなる。大型も出るので人気の釣りとなっている。

浅場のティップランエギング釣行で1.3kg頭に船中アオリイカ15杯乗船した船(提供:TSURINEWSライター米村祐次)

当日の状況と作戦

梅雨に入った九州地方、当日も出港時にはパラパラ降っていた雨も7時には上がり曇り空となった。潮は大潮の午前8時3分満潮、風が少しあり波も多少あったが釣りは出来る程度であった。

準備と作戦

情報収集とエギ購入のため釣具店へ行き現在の状況をうかがうと、キロ前後が釣れているとのこと。アタっているエギカラーをチョイスしてもらい、シンカーも7gと10gを用意した。

作戦としては、エギをシャクった後ステイさせる時にヘッド部が下向きにならないように注意した方がいいとのこと。イメージトレーニングでバッチリだろう。

早々に船中キロ級アオリイカ

船に乗り込み港から釣り場までは10分程度、到着まで準備をする。早朝は紫系がいいとのことで紫をチョイスし、シンカーの10gをセットして船長の合図で一斉にエギを落とした。

着底したら5回程シャクり、アタリを待つ。船の揺れもありアタリも取りづらい状況で同船者にヒット、上がったのはキロほどの良型。

浅場のティップランエギング釣行で1.3kg頭に船中アオリイカ15杯紫系のエギでスタート(提供:TSURINEWSライター米村祐次)

次のページでエギの体勢を意識して連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。